富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 都市計画課 > 富山高岡広域都市圏の人の動きについて > 【用語の説明】

富山高岡広域都市圏の人の動きについて

最終更新日:2005年4月1日

【用語の説明】

富山高岡広域都市圏※1

 富山高岡広域都市圏は、富山市、高岡市、新湊市、婦中町、小杉町、大門町、大島町、そして下村の3市4町1村で構成されています。

パーソントリップ調査※2

 パーソントリップ調査は、交通の主体である人(パーソン)の動き(トリップ)を把握することを目的とし、どのような人が、何の目的で、どこからどこへ、どのような交通手段で、いつ動いたかについて、1日のすべての動きをとらえるものです。そして、この調査結果をもとに、現況の交通実態の分析や将来の交通需要の予測を行い、さらに都市圏の将来像を描き、その土地利用等の計画もふまえたうえで、公共交通、自動車、徒歩・二輪車などの交通手段の分担を考慮した将来の総合的な都市交通計画を策定するものです。

周辺市町村※3

 周辺市町村は、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、大沢野町、大山町、上市町、立山町、舟橋村、八尾町及び福岡町の4市6町1村です。なお、選定するために、「富山市及び高岡市への通勤通学依存率10%であり、かつその人数が2,000人である」という基準を設けました(平成7年国勢調査をもとにしています)。ただし、舟橋村については、基準を満たしませんが、調査を行う市町に囲まれるという、その地域性と、過去2回の調査も実施されていることを考慮し選定しました。

人口集中地区(DID:Densely Inhabited District)※4

 人口集中地区(DID)は、国勢調査で設定されるもので、人口密度が4,000人/km2以上の高い調査区が互いに隣接し、その人口が5,000人以上となっているところをいいます。

トリップ※5

トリップの例 トリップとは、人がある目的をもって、ある地点からある地点へ移動することをいいます。その移動の際に、いくつかの交通手段を乗り換えても、ひとつのトリップとなります。

発生交通量※6

 発生交通量は、ある地点から出発(発生)するトリップ数を指します。

代表交通手段※7

 代表交通手段とは、1回のトリップのなかで何種類かの交通手段を用いる場合、最も優先順位の高い交通手段を指します。優先順位は、鉄道、路面電車・路線バス、自動車、二輪車、徒歩の順としています。下図の場合では、鉄道が代表交通手段となります。

【 情報発信元 】
土木部 都市計画課 電話:076-444-3345  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 都市計画課
電話:076-444-3345