富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 砂防課 > 土砂災害警戒避難マニュアル(災害時要援護者関連施設用)作成ガイドラインについて

土砂災害警戒避難マニュアル(災害時要援護者関連施設用)作成ガイドラインについて

最終更新日:2012年5月31日

 県内には、土砂災害の危険性がある高齢者・障害者・乳幼児などが利用する災害時要援護者関連施設が約70施設あります。災害発生時に円滑な警戒避難行動をとるためには、日頃からの備えが必要不可欠であり、施設の実状にあった防災マニュアルの整備が必要です。
 そのため、県では施設管理者がマニュアル作成の際に参考としていただけるよう、土砂災害に対して備えるべき事項や避難の考え方など整理した「土砂災害警戒避難マニュアル(災害時要援護者施設用)作成ガイドライン」を平成24年3月に策定しました。
 施設利用者の安全確保を図るため、このガイドラインをご活用いただき、全ての土砂災害の危険性がある施設において、土砂災害に対する防災マニュアルを整備されるようお願いいたします。

ガイドライン説明会の開催

説明会の様子 平成24年3月23日に県東部、西部の2会場において、災害時要援護者施設及び市町の担当者に参集いただき、ガイドラインを配布し、説明会を開催しました。

関連ファイル

【 情報発信元 】
土木部 砂防課 電話:076-444-3341  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 砂防課
電話:076-444-3341