富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 河川課 > 富山県ダム長寿命化計画

富山県ダム長寿命化計画

最終更新日:2018年1月18日

 富山県が管理する治水ダムについて、「富山県ダム長寿命化計画(機械設備編)」(H27.8策定)に続き、平成29年8月に「富山県ダム長寿命化計画(電気通信設備編)」を策定しました。

策定の趣旨

 富山県が管理する洪水調節を目的としたダムは、16ダムあります。
 管理開始から30年以上経過したダムは9ダム、20年後(平成49年度)は15ダムと急速に高齢化が進展し、今後の維持管理費用の増加が見込まれます。
 ダム機能を良好に維持し、施設の長寿命化を図るため次の観点から策定しました。

(1)ダム機能を良好に維持し延命化を図ります。
(2)従来の事後保全的(対処療法)な維持管理から、予防保全的な維持管理・
   更新へ転換します。
(3)設備の更新等の時期を調整し、予算の平準化を図ります。

対象施設

 機械設備編は、全16ダムの取水放流設備(ゲート、バルブなど)や、係船設備(巻上機など)などを対象としています。
 電気通信設備編は、全16ダムの電気設備(受変電設備など)、通信設備(テレメータ観測設備など)、情報設備(ダム管理用制御処理装置など)を対象としています。

計画期間

 計画期間は50年間としました。

※詳細は、関連ファイルをご覧ください。

【 情報発信元 】
土木部 河川課 開発班 電話:076-444-3329  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 河川課 開発班
電話:076-444-3329