富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 河川課 > 河川の総合開発事業(ダム事業) > 3-1ダムの効果〜和田川ダムの事例

河川の総合開発事業(ダム事業)

最終更新日:2015年3月25日

3-1ダムの効果〜和田川ダムの事例

 平成26年7月19日の夜中から20日の朝にかけての局地的な大雨における和田川ダムの洪水調節効果をお知らせします。

和田川ダム_位置図 県内では平成26年7月19日の夜中から20日の朝にかけて、県東部北と県西部北で局地的な大雨となりました。
 和田川ダム地点では、20日の1時から2時にかけて、時間雨量が観測史上最大となる117mmを記録しました。
 この大雨により、和田川ダムでは、毎秒約87立方メートルの流入がありましたが、このうち毎秒約78立方メートルをダムに貯留し、下流に毎秒約9立方メートルのみの放流に抑えたことから、下流の河川水位を大きく低下させ、河川の氾濫や内水による浸水を防ぐことができました。

和田川ダム_雨量・流量グラフ

和田川ダム_水位

和田川ダム_水位状況

【 情報発信元 】
土木部 河川課 電話:076-444-3324  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 河川課
電話:076-444-3324