富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 管理課 > 入札契約制度の改善について > 建設工事に係る予定価格事前公表の試行について

入札契約制度の改善について

最終更新日:2017年7月12日

建設工事に係る予定価格事前公表の試行について

 このことについては、富山県入札制度検討委員会(委員長 副知事)で検討を重ねてきたところであるが、
(1)独占禁止法等に加え、あっせん利得処罰法の強化等の法的整備が進んだことなど、談合等不正行為を抑止できる環境が整えられつつあること
(2)入札に関する透明性、公平性の一層の向上に資すると考えられること から、談合防止等の措置を講じることに努めながら、建設工事に係る予定価格の事前公表を試行し、落札価格の高止まり等への影響を検証することとする。(平成15年6月26日 富山県)

1 試行方法等

(1)開始時期
 平成15年7月以降、指名委員会等に諮る工事から試行を開始する。
(2)試行工事
 5,000万円以上(農林水産部及び土木部所管の本庁発注工事)のうち1/2とし、指名委員会等で選定する。
(3)公表方法
 予定価格を指名通知書等に記載し通知・公表する。
(4)入札回数
 1回とする。

2 談合等防止等の措置

○事前公表試行工事については、入札参加者全員から入札執行の際に工事費内訳書の提出を求める。
○談合、独禁法違反、贈賄に係る指名停止期間を現行の2倍に強化する。
○入札参加者の入札前非公表及び設計図書の郵送配布(H11年度から実施済み)
○損害賠償予約条項の契約約款への整備(H14年度から実施済み)

※工事費内訳書は関連ファイルをご覧下さい。

3 試行後の予定

 H16年2月頃に、入札制度検討委員会で試行結果を検証し、試行工事の拡大や本格実施等今後の取扱いを検討する。

【 情報発信元 】
土木部 管理課 電話:076-444-3307  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 管理課
電話:076-444-3307