富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 観光・交通・地域振興局 観光振興室 > 大型国際会議「PIERS2018」の富山開催が決定!

大型国際会議「PIERS2018」の富山開催が決定!

最終更新日:2015年9月19日

 チェコのプラハで開催された2015年電磁波工学研究の進歩に関する国際会議(2015 Progress In Electromagnetics Research Symposium)(7/6〜9)において、同会議の2018年富山開催が決定しました。日本での開催は、大阪(2001年)、東京(2006年)に続いて3回目、地方での開催は初めてであり、富山で60の国と地域から参加者が集まる国際会議の開催は初めてとなります。

 県ではPIERS 2018招致委員会(委員長 中央大学理工学部 小林一哉教授)と連携し、開催提案書の作成を支援するとともに、プラハに職員を派遣し、事前のロビー活動やプレゼンテーションなどを通じて富山県の優れたコンベンション開催環境を強力にアピールするなど、精力的な誘致活動を展開しました。また、PIERS 2018の誘致にあたっては、国土交通大臣、総務大臣、観光庁長官、日本政府観光局理事長、富山県知事、富山市長、富山コンベンションビューロー会長による招請状が発出されるなど、オールジャパン体制での誘致体制が高く評価されました。その結果、開催地を決定するPIERSビジネスミーティング(PIERS 2015会期中の7月7日に開催)において、PIERS 2018の富山開催が全会一致で承認されました。

 本県では、豊富な水資源や低廉な電力を活用し、古くよりものづくり産業が盛んであり、PIERS 2018の開催により、電気、電子、情報、通信関連産業の一層の振興や高度化、研究機関等での技術の進展など地域の活性化が期待されます。

 今後も引き続き、国際会議等の誘致に取組み、交流人口の拡大や知名度向上に努めてまいります。

PIERS2018の概要

1 会議名
 和文:2018年電磁波工学研究の進歩に関する国際会議
 英文:2018 Progress In Electromagnetics Research Symposium(PIERS 2018)

2 内 容
 国際会議PIERSでは、電磁波工学とその応用に関し、多岐にわたる分野のセッションが開かれ、最新の研究成果が発表される。

3 会 期 平成30年8月1日〜4日(4日間)

4 会 場 富山国際会議場、ANAクラウンプラザホテル富山

5 参加者 約60の国と地域、約1,200人(うち約半数は外国人)

6 主 催 The Electromagnetics Academy(電磁波工学アカデミー)

PIERS 2018招致委員長 小林一哉教授(中央大学)のコメント

ビジネスミーティングでのプレゼンテーションの様子「PIERSは電磁波工学分野に関し、世界に数多くある国際会議の中でも最大規模を有しており、各国の多くの著名な研究者が出席する会議として知られています。このような大型国際会議を日本に誘致できたことは、我が国の電磁波工学研究にとって画期的なことであると考えています。更に、富山県・富山市は国内でも他に類を見ない優れた学会支援体制を確立していますので、今後、県と市と連携しながら開催準備を進め、PIERS 2018を必ず成功させる決意でいます。平成27年8月7日の石井隆一富山県知事への表敬訪問の際に、知事より「PIERS 2018の前後に県内の大学生や企業の研究者を対象とした講演会を開催することを検討してほしい。」との要請がありました。PIERS 2018のみならず、この講演会も併せて計画して成功させ、富山県において電磁波工学の将来を担う若手研究者の育成、並びに県内の電気、電子、情報、通信関連産業の一層の発展に貢献していきたいと考えています。」

【 情報発信元 】
観光・交通・地域振興局 観光振興室 コンベンション誘致担当 電話:076-444-4565  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

観光・交通・地域振興局 観光振興室 コンベンション誘致担当
電話:076-444-4565