富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 商工労働部 労働雇用課 > 障害者の雇用支援について > 障害者雇用をしている、またはお考えの事業主の方へ(各種助成金)

障害者の雇用支援について

最終更新日:2017年10月9日

障害者雇用をしている、またはお考えの事業主の方へ(各種助成金)

富山県知的・精神障害者雇用奨励金

 一定数を超えて知的障害者及び精神障害者を雇用している事業主に対して奨励金が支給されます。(一定数…常用労働者の3%相当数または1月あたり2人のいずれか大きい数)

○支給額
 一定数を超えて雇用している知的障害者及び精神障害者1人につき月額8,000円(限度額:年額38.4万円)

〈お問い合わせ・お申し込み〉
最寄りのハローワークまでお願いします。

富山県障害者チャレンジトレーニング事業

 県では、民間企業等のご協力のもと短期の就業体験を行う障害者チャレンジトレーニング事業を実施しています。事業の実施には、障害者の就業面及び生活面での継続的支援を行っている障害者就業・生活支援センターを活用し、職場実習にご協力頂いた企業等への謝金、訓練生への手当、訓練生への保険料について支援を行っています。
 また、必要に応じて障害者就労サポーターが実習等を支援します。(費用は県が負担)

○支給額
 ・受入先事業所への謝金  1日当たり1,000円
 ・訓練生への手当て     1日当たり 700円
 ・実習期間の保険料  保険料額  
○実習期間  原則として3日間〜1ヶ月間

〈お問い合わせ・お申し込み〉
最寄りの障害者就業・生活支援センターまでお願いします。

職場実習・職場見学促進事業

 就労移行支援、就労継続支援事業者等から職場実習を受け入れる企業が受け入れのために設備更新等の環境整備を実施した場合にその費用を助成します。

○支給額   1企業あたり500万円以内
○実施年度  24年度まで 
○対象事業主
 原則として過去に障害者の職場実習を受け入れた経験のある県内の企業であり、就労移行支援事業、就労継続支援事業、授産施設から障害者の職場実習を継続的に受入れる者が補助の対象となります。
○補助対象経費
 障害者の職場実習を受入れるために実施した企業内の設備等の整備に要する経費とします。
(設備等整備の例)
・施設(玄関、廊下、階段、トイレ等)の整備
・設備(作業機器非常停止スイッチ、安全表示灯、作業用車椅子等)の整備

※留意事項
・申請事業主は、県からの交付決定を受けた後に、はじめて事業に着手することになります。
・本事業により、職場実習環境を構築した企業については、県が「職場実習受入企業」として、広く公表し、職場実習の受入れに積極的に協力していただきます。

〈お問い合わせ・お申し込み〉
最寄りの障害者就業・生活支援センターまでお願いします。

富山県障害者継続雇用奨励金

 職場適応訓練終了後も引き続き障害者を雇用する事業主に対して支給されます。

○支給額 重度障害者  1人あたり月額 12,000円
       その他障害者 1人あたり月額 8,000円
○支給対象期間 6ヶ月以内

〈お問い合わせ・お申し込み〉
最寄りのハローワークまでお願いします。

【 情報発信元 】
商工労働部 労働雇用課 電話:076-444-3256  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

商工労働部 労働雇用課
電話:076-444-3256

関連ファイル