富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 商工労働部 商工企画課 > 「富山県IoT・AIトライアル事業費補助金」の公募について

「富山県IoT・AIトライアル事業費補助金」の公募について

最終更新日:2019年10月26日

 富山県では、県内企業の初期のIoT・AIの導入・活用を、小さな単位での実施(スモールスタート)を含め支援し、生産性の向上等のためのIoT等の本格的な導入・活用につなげるため、「富山県IoT・AIトライアル事業費補助金」を創設しました。
 これを契機に、IoT等を導入し、まずは「見える化」をしてみませんか?

1 補助事業者

 県内に本社又は事業所を有する中小企業者等
 (※県内で補助事業を実施する場合に限ります)

【留意事項】
 〇「中小企業者等」とは、中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号のいずれかに該当する会社又は個人、もしくは、中小企業団体の組織に関する法律(昭和32年法律第185号)に該当する中小企業団体を指します。ただし、次のいずれかに該当する者を除きます。
(1)発行済株式の総数又は出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有している中小企業者
(2)発行済株式の総数又は出資価格の総額の3分の2以上を大企業が所有している中小企業者
(3)大企業の役員又は職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている中小企業者

〇また、上記にかかわらず、次のいずれかに該当する者は補助金の対象としないものとします。
(1)役員等が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)(以下「暴力団対策法」という。)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)であると認められる者。
(2)暴力団(暴力団対策法第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団員が経営に実質的に関与していると認められる者。
(3)役員等が自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしたと認められる者。
(4)役員等が暴力団又は暴力団員に対して資金を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与していると認められる者。
(5)役員等が暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していると認められる者。

2 補助対象事業

(1)IoT導入トライアル枠(一般枠)
 自社の経営課題の抽出やその解決のため、IoTの導入により各種情報・データを収集し、課題の「見える化」を図る取組み
(2)IoT・AI活用トライアル枠(知事特認枠)
 下記のいずれかに該当する取組み
・(1)の取組みに加え、収集したデータ等を活用して、生産性向上や付加価値を高めるための分析、検証、実証等までを行う取組み
・(既にIoTを導入済みの場合で、)新たにAI技術を活用して、データ分析や最適化等を図る取組み
・富山県IoT推進コンソーシアムの事業と連携した取組み(ワークショップやアイデアソンで作成したIoT導入プラン等を実証する取組みや、「共有型とやまものづくりIoTプラットフォーム」を活用した取組みなど)

 ※ 補助対象経費等は募集要領をご覧ください

3 補助率等

IoT導入トライアル枠
(一般枠)
IoT・AI活用トライアル枠
(知事特認枠)
(1)補助率 1/2 同左
(2)補助上限額 50万円 100万円
(3)採択件数 8件程度 4件程度

4 申請書等の提出

 本補助金の申請を希望する場合は、次のとおり必要書類を提出すること。
(1) 交付申請書
・ 必要書類
  下記の書類について、原本1部、写し2部を提出すること。(原則A4版)
  (ア) 交付申請書及び事業計画書等(様式第1号及び別紙)
  (イ) 決算書(直近2期) ※ 貸借対照表、損益計算書
  (ウ) 申請者の登記簿謄本(個人の場合は住民票記載事項証明書)
  (エ) 県税全てに未納がないことを証する納税証明書(写し可)
  (オ) 会社案内(もしくは事業・活動内容が分かるもの)
  (カ) 補助事業計画を説明する参考資料がある場合は当該資料
  (キ) 事業の積算根拠(見積書や規程、機器・ソフトウェアパッケージのカタログ類等)
    ※積算根拠の妥当性の確認のために使用します。(写し可)
   ※なお、事業実施にあたって、仕様等変更により機器若しくはソフトウェアパッケージが変更になることを阻害するものではありません。

・ 提出方法
   必要書類一式を受付期間内に申請者が持参もしくは郵送(書留又は簡易書留)してくだ
 さい。
  ただし、様式第1号(別紙1及び別紙2を含む)については、データでも提出してください。
  [持参・郵送先]
   〒930-8501 富山市新総曲輪1-7
   富山県商工労働部商工企画課企画係
   Email:ashokokikaku★pref.toyama.lg.jp(★→@)
   ※専用郵便番号(930-8501)と課名等を記入することにより、住所を省略できます。
   ※ 持参の場合は、土日祝日を除く9:00〜12:00、13:00〜17:00の間受け付けま
    す。

5 公募スケジュール

募集回 IoT導入
トライアル枠
IoT・AI活用
トライアル枠
募集期間 交付決定
(予定)
第1回 6件程度 2件程度 10月16日〜11月15日 17時必着 11月下旬
第2回
※1
2件程度 2件程度 11月18日〜12月13日 17時必着 12月下旬
第3回
※2
12月16日〜1月17日  17時必着 1月下旬

※1:第1回募集で交付決定件数が募集件数に満たない場合は、第2回募集に繰り越し
※2:第2回募集までに予算額に達した場合は、第3回募集は実施しません

6 審査

 申請書により内容を審査し、基準を満たす者の中から、先着順で採択事業者を決定します。(必要に応じて現地調査やヒアリングを実施する場合があります。)

【 情報発信元 】
商工労働部 商工企画課 電話:076-444-3242  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

商工労働部 商工企画課
電話:076-444-3242

関連ファイル