富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 商工労働部 商工企画課 > 再生可能エネルギーの導入に向けて

再生可能エネルギーの導入に向けて

最終更新日:2017年4月14日

風力発電

 風の力でブレード(風車の羽根)をまわし、その回転運動を発電機に伝えて電気を起こします。小型風力発電は市街地でも設置できますが、大型風力発電の場合、年間を通じて強い風力(一般的には地上30m高で平均風速6m/秒以上)が必要とされています。

風力発電導入事例 入善浄化センター導入事例1
 入善町:入善浄化センター(平成19年度)

中小水力発電

 富山県は、水力発電王国と呼ばれており、全国の水力発電の約1割を占めています。中小水力発電の明確な定義はありませんが、NEDOの「中小水力発電開発事業」では3万kw以下のものを補助対象としています。富山県は、豊富な水資源と勾配の急な地形条件を有しており、中小水力発電に適しているといわれています。

中小水力発電導入事例 安川発電所導入事例1
 砺波市:安川発電所(昭和62年度)

廃棄物発電

 ごみを焼却する際の熱で高温の蒸気を作り、その蒸気でタービンを回し発電します。地域の身近にあるエネルギー源として注目されており、発電した後の廃熱は、周辺地域の冷暖房や温水として有効に利用することができます。

廃棄物発電導入事例 富山広域圏クリーンセンター導入事例1
 立山町:富山地区広域圏クリーンセンター(平成15年度)

廃棄物発電導入事例 クリーンピア射水導入事例2
 射水市:クリーンピア射水(平成15年度)

【 情報発信元 】
商工労働部 商工企画課 電話:076-444-3242  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

商工労働部 商工企画課
電話:076-444-3242