富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 商工労働部 経営支援課 > 「とやま伝統工芸ジュエリープロジェクト支援事業」参加事業者の募集について

「とやま伝統工芸ジュエリープロジェクト支援事業」参加事業者の募集について

最終更新日:2020年3月25日

「とやま伝統工芸ジュエリープロジェクト支援事業」の参加事業者を募集します。

 「伝統工芸ジュエリープロジェクト支援事業」は、伝統工芸事業者とジュエリーメーカーが協働し、加飾等の伝統的な技術等を付加した新商品をモデル的に開発するものです。
この事業を通じて、
○伝統工芸産業の将来を担う各産地の有望な若手職人のチャレンジを後押しし、技術の継承や人材育成につなげ、
○新たな需要や販路の開拓を行うモデルをつくり、産地内また県内各産地に普及させること、
を目的としています。

ジュエリーメーカーと新商品開発を行う伝統工芸事業者は、マッチング審査会で決定します。
ジュエリー業界で伝統的な技術、産地に特色のある技術とジュエリーメーカーのノウハウを活かした商品開発や販路開拓にチャレンジしてみませんか。ご応募お待ちしております。

1 参加要件

以下の要件をすべて満たす事業者とします。なお、応募は法人・個人を問いません。

(1)富山県内に事業所を有する事業者であって、次のいずれかに該当するもの。
 ア 伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年第57号)第2条に基づき指定を受け
   た伝統的工芸品を製造又は企画販売する事業者。
 イ 富山県伝統工芸品指定要綱第4条第1項に基づき指定を受けた伝統工芸品を製造又は
   企画販売する事業者。


(2)ジュエリーメーカーとのコラボ商品を開発するにあたり、伝統的な技術又は産地の特色ある技術を提供できる事業者。(伝統的な技術や産地の特色ある技術であることが好ま
しいが、限定するものではない。)

(3)事業者が選出する伝統工芸技術を提供する職人の年齢は45歳程度までであること。

(4)新商品開発を行う事業者に選定された場合、ジュエリーメーカーとの打合せ等(月1回程度)を重ね商品開発を行うことができる事業者。※打合せは主に県内(ジュエリーメーカーの指定場所)を想定

(5)「日本橋とやま館」で開催する展示商談会に参加し技術紹介等を行うことができる事業者。

(6)商品開発に要する経費(加飾等に係る材料費・人件費、打合せ時旅費・人件費)及び「日本橋とやま館」での展示会・商談会に要する経費(人件費及び旅費)を負担することができる事業者。

2 応募方法

(1)参加申込み 
 【申込期限】令和2年4月13日(月)17時
 【申込書類】別紙様式2「応募用紙」及び企業概要(パンフレット等)
       ※申込書類がそのまま審査会資料となります。
 【申込方法】郵送及び電子メールで提出。
       (送付先は、以下「問い合わせ先」を参照)

(2)審査結果通知
令和2年5月下旬に参加者全員にお知らせします。

3 マッチング審査会について

(1)開催日 令和2年5月中旬頃
       ※日時は追ってお知らせします。
(2)場 所 富山県民会館
       (富山市新総曲輪4-18)
       ※部屋は追ってお知らせします。

※審査員、審査員に対して応募者にプレゼンいただきたい内容は、別紙募集要領をご覧ください。

4 問い合わせ先

富山県商工労働部経営支援課 地域産業係
〒930-8501 富山県富山市新総曲輪1-7
Tel:076-444-3249 Fax:076-444-4402
E-mail:akeieishien★pref.toyama.lg.jp
(★を@に置換して送信してください)

【 情報発信元 】
商工労働部 経営支援課 電話:076-444-3247(制度融資444-3248)  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

商工労働部 経営支援課
電話:076-444-3247(制度融資444-3248)

関連ファイル