富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 富山県中部厚生センター > 許可申請・届出 > 医事関係(病院、診療所)

許可申請・届出

最終更新日:2015年1月29日

医事関係(病院、診療所)

(医療計画との関係)
県では、県民が等しく必要な時に安全で質の高い医療を効果的に受けられるよう、医療計画を策定し、地域における医療提供体制の整備・推進を図っています。
医療機関の開設及び開設後の病床数の変更等については、医療計画と密接に関係しますので、計画の段階で県の担当課(医務課)と事前に充分に協議することが必要です。 

開設許可申請

病院を開設しようとするとき、医師及び歯科医師でない者が診療所を開設しようとするときは、開設地の都道府県知事の許可が必要です。
(根拠法令:医療法第7条第1項、記載事項:同法施行規則第1条)

開設届

病院、診療所を開設したときには、開設後10日以内に知事に開設を届け出なければなりません。
ア 病院、診療所の開設の許可を受けた者が開設したとき(根拠法令:医療法施行令第4条の2第1項)
イ 医師、歯科医師が診療所を開設したとき(根拠法令:医療法第8条)

使用許可申請

病院及び患者を入院させるための施設を有する診療所は、患者の使用する構造設備のうち医療法及び同法施行規則に基準が定められている構造施設について知事の検査を受け許可書の交付を受けた後でなければこれを使用することができません。 
開設当初だけでなく構造設備又は用途の変更の場合も同様です。  
(根拠法令:医療法第27条、審査基準:医療法20〜23条)

開設許可事項変更許可申請

病院を開設した者、医師及び歯科医師でない者で診療所を開設した者が、病床数その他構造設備等を変更する場合は知事の許可が必要です。
(根拠法令 医療法第7条第2項)

変更使用許可申請

病院及び患者を入院させるための施設を有する診療所は、変更許可を受けた構造設備のうち、医療法及び同法施行規則に基準が定められている構造施設について、知事の検査を受け許可書の交付を受けた後でなければ、これを使用することができません。
(根拠法令:医療法第27条)

変更届

開設者は、変更後10日以内に知事に届け出が必要です。
ア 病院を開設した者、医師及び歯科医師でない者で診療所を開設したもの (根拠法令:医療法施行令第4条の2第1項、同令第4条第1項)
イ 診療所を開設した医師及び歯科医師(根拠法令:医療法施行令第4条第3項)

休止(廃止、再開)届

開設者は、事由発生後10日以内に知事に届け出が必要です。
(根拠法令:医療法第8条の2第2項)

開設者の死亡又は失そうの宣言を受けたとき

戸籍法の規定による届出義務者は、10日以内に知事に届け出が必要です。
(根拠法令:医療法第9条第2項)

その他

前記の他、医療法人、療養病床の設置、管理者の選任・兼任、宿直医師の免除、専属薬剤師の免除、広告及び院内掲示に関すること等、許可を受けなければならない事項や規制されている事項が多くあります。

【 情報発信元 】
富山県中部厚生センター 電話:076-472-1234(代)  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

富山県中部厚生センター
電話:076-472-1234(代)