富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 富山県中部厚生センター > 医療費の公費負担・助成 > 原爆被爆者

医療費の公費負担・助成

最終更新日:2015年4月8日

原爆被爆者

被爆者とは

次のいずれかに該当する人で、被爆者手帳を所持している人をいいます。この被爆者手帳は、居住地の知事に申請して交付を受けることになっています。

・原子爆弾が投下された際、当時の広島市もしくは長崎市の区域内または、政令で定めるこれらに隣接する区域内にいらした方
・原子爆弾が投下されてから2週間以内に(広島にあっては昭和20年8月20日まで、長崎市にあっては同年同月23日まで)に救援活動、医療活動、親族探し等のため、広島市内または長崎市内(爆心地から2km区域内)に立ち入った人と、その当時その人の胎児であった人
・その他、多数の死体の処理、被爆者の救援等に従事したなど、身体に放射線の影響を受けるような事情の下にあった人と、その当時その人の胎児であった人

詳細については、関連ファイルをご覧ください。

ご不明な点は、感染症疾病班(TEL 076-472-0637)へお問い合わせください。

【 情報発信元 】
富山県中部厚生センター 電話:076-472-1234(代)  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

富山県中部厚生センター
電話:076-472-1234(代)

関連ファイル