富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 高齢福祉課 > 訪問看護サービスを利用するには > ○ 訪問看護とは

訪問看護サービスを利用するには

最終更新日:2013年4月2日

○ 訪問看護とは

(1)訪問看護って、何をしてくれるの?

 かかりつけの医師と連絡をとり、心身の状態に応じて次のようなケアを行います。

【ケアの内容(主なもの)】
 ○健康状態の観察と助言
  ・健康のチェックと助言(血圧・体温・呼吸・脈拍)
  ・病状の観察と助言
 ○日常生活の看護
  ・清潔、食生活、排泄のケア
  ・寝たきり予防のためのケア
 ○在宅リハビリテーション看護
  ・体位交換、関節等の運動や動かし方の指導
  ・日常生活動作の訓練(食事・排泄・移動等)
 ○精神・心理的な看護
  ・不安定な精神・心理状態のケア
  ・生活リズムの調整
 ○介護者の相談
  ・介護者の健康管理、日常生活に関する相談
 ○終末期の看護
  ・痛みのコントロール
  ・療養生活の援助、療養環境の調整

(2)訪問看護は、どんな人がうけられるの?

 疾病・負傷などにより、家庭において寝たきりなどにある方で、かかりつけの医師が訪問看護の必要を認めた方です。
 ※ 利用者の状況に応じて、介護保険又は医療保険で利用することができます。
 ※ 利用者の方には、訪問看護利用料を各保険の負担割合に応じて負担していただきます。

(3)訪問看護ステーションって、なにをしてくれるの?

 訪問看護ステーションは、訪問看護サービスを提供する機関です。
 家庭で療養される方に、質の高い訪問看護サービスを提供するため、スタッフとして、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が所属しています(ステーションによって、所属するスタッフの職種は様々です。)。
 県内の訪問看護ステーションは、施設一覧をご参照ください。

【 情報発信元 】
厚生部 高齢福祉課 電話:076-444-3204  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 高齢福祉課
電話:076-444-3204