富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 高齢福祉課 > 認知症の方を支援するために > 認知症カフェ(オレンジカフェ)について

認知症の方を支援するために

最終更新日:2017年10月6日

認知症カフェ(オレンジカフェ)について

認知症カフェとは

 認知症カフェとは、認知症の人やご家族、地域の方々、医療・介護の専門職など誰もが気軽に参加でき、交流や情報交換をする場です。
 2015年に厚生労働省が発表した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」では、認知症カフェの設置が推進されており、富山県内でも設置が進んでいます。
 
 認知症カフェの運営者は、市町村のほか、地域包括支援センター、医療機関、NPO法人、住民主体の会など様々です。
 また、開催場所も、身近な公民館やカフェ、レストランなど地域住民の方と協力して運営しています。
 個別相談をはじめ、お茶会やレクリエーションなどが開催され、運営主体によって内容や頻度は異なります。
 
 認知症カフェの詳細については、関連ファイル「認知症カフェ一覧」をご覧の上、ご希望の場所へお問い合わせください。
 ※「認知症カフェ一覧」は同意を得たところを掲載しております。掲載のない認知症カフェもありますので、詳しくはお住まいの市町村・地域包括支援センターへお問い合わせください。

【 情報発信元 】
厚生部 高齢福祉課 地域包括ケア推進班 電話:076-444-3205  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 高齢福祉課 地域包括ケア推進班
電話:076-444-3205