富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 障害福祉課 > 富山県リハビリテーション病院・こども支援センター管理運営計画(新公立病院改革プラン)

富山県リハビリテーション病院・こども支援センター管理運営計画(新公立病院改革プラン)

最終更新日:2018年6月26日

国の新公立病院改革ガイドライン(総務省自治財政局長通知)に基づく新公立病院改革プランとして、「富山県リハビリテーション病院・こども支援センター管理運営計画」を策定しました。

計画策定の趣旨

この計画は、病院事業を設置している地方公共団体が、地方自治法(第245条の4第1項)に基づく技術的な助言として国が策定した新公立病院改革ガイドラインにより、公・民の適切な役割分担の下、地域において必要な医療提供体制を確保しながら、公立病院が安定的に不採算医療や高度・先進医療などの重要な役割を担っていくことができるようにするための方策を定めるものです。

計画期間

平成30年度から平成32年度まで

計画の主な内容

富山県リハビリテーション病院・こども支援センターでは、国の新公立病院改革ガイドラインに基づき、次の4つの視点で改革を進めていきます。

(1)地域医療構想を踏まえた役割の明確化
 県内のリハビリ医療の中核を担うとともに、重症心身障害児者など多様な障害への対応の強化充実を行います。

(2)経営の効率化 
 指定管理者制度を導入していることから、病院の経営は指定管理者が事業計画書等に基づき行います。

(3)再編・ネットワーク化
 県立の3施設(高志リハビリ病院、高志学園及び高志通園センター)を再編統合し、ライフステージに応じた適切な支援を継続的に行います。

(4)経営形態の見直し
 統合後の新病院は一括して指定管理者制度で運営し、民間的経営手法を導入し、効率的・効果的な運営とサービスの提供を行います。

【 情報発信元 】
厚生部 障害福祉課 電話:076-444-3211  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 障害福祉課
電話:076-444-3211