富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 くすり政策課 > 平成28年度和漢薬・バイオテクノロジー委託研究の成果公表 > 平成24年度和漢薬・バイオテクノロジー委託研究の成果

平成28年度和漢薬・バイオテクノロジー委託研究の成果公表

最終更新日:2017年7月11日

平成24年度和漢薬・バイオテクノロジー委託研究の成果

 富山県では、県内薬業の振興に資するため、和漢薬及びバイオテクノロジーに関する基礎研究を富山大学に委託しております。
 平成24年度は、次の研究を委託しましたので、その成果を公表します。

1 研究題目

(1) セリンラセマーゼ(SR)を標的とした神経変性疾患治療薬の開発
(2) 富山県産和漢薬から開発する脊髄損傷改善薬に関する研究
(3)「飲む目薬」の開発: 血液網膜関門novelカチオン輸送担体の薬物認識機構を応用したドラッグデリバリーシステム

2 研究テーマ(副題目)

内容は、右記関連ファイルをダウンロードしてください。

(1) セリンラセマーゼ(SR)を標的とした神経変性疾患治療薬の開発
  (1)−1 SRの酵素活性測定と阻害薬のスクリーニング
  (1)−2 ヒト型SR発現マウスの開発と個体レベルでの阻害薬効果の解析
  (1)−3 SRに対する改変修飾阻害薬の創製
  (1)−4 SR-阻害薬複合体の立体構造解析

(2) 富山県産和漢薬から開発する脊髄損傷改善薬に関する研究
  (2)−1 脊髄損傷モデルマウスにおける和漢薬の有効性の検討
  (2)−2 脊髄損傷に有効な和漢薬の活性成分の同定
  (2)−3 細胞接着斑形成制御を機序とする脊髄損傷治療薬の開発

(3)「飲む目薬」の開発: 血液網膜関門novelカチオン輸送担体の薬物認識機構を応用した
  ドラッグデリバリーシステム
  (3)−1 血液網膜関門novelカチオン輸送担体特性に基づいた投与法の確立とドラッグ
デザイン
  (3)−2 抗炎症薬の循環血液から網膜へのnovelカチオン輸送担体を利用した効率的な
送達法
  (3)−3 Novelカチオン輸送担体分子実体の解明と遺伝子デリバリー法確立
  (3)−4 Novelカチオン輸送担体に対するパスポート構造を元にした、有機化学的薬物
誘導体化

3 その他

 お問合せ・ご意見等は、くすり政策課 振興開発班(TEL:076-444-3236)までお願いします。

【 情報発信元 】
厚生部 くすり政策課 電話:076-444-3233  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 くすり政策課
電話:076-444-3233

関連ファイル