富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 くすり政策課 > 若手研究者等バーゼル地域ネットワークづくり支援事業について

若手研究者等バーゼル地域ネットワークづくり支援事業について

最終更新日:2017年3月27日

1 事業の目的、趣旨

 この事業は、平成21年10月に富山県とバーゼル・シュタット州及びバーゼル・ラントシャフト州が締結した医薬品分野の交流協力に関する宣言及び協定に基づき、スイス・バーゼル地域との学術分野の交流の推進、富山県の製剤開発研究を担う人材の育成及び国際競争力のある医薬品開発の促進を目指し、両地域の企業等の若手研究者による研究開発のネットワークづくりを支援するため実施します。
 この事業の実施にあたり、次のとおり参加者を募集します。

2 応募対象者

次のいずれかに該当する方
(1) 富山県内に事業所を有する医薬品製造販売業者又は医薬品製造業者(以下「県内製薬企業」という。)に勤務する若手研究者(以下「県内製薬企業研究者」という。)(注)
(2) 富山県内に所在する大学又は試験研究機関に在籍する若手研究者(以下「県内大学等研究者」という。)(注)
(注)平成29年4月1日時点において満39歳以下の者(昭和52年4月2日以降に生まれた者)

3 派遣事業

(1) 県内製薬企業研究者
 県内製薬企業が自社に勤務する医薬品研究者等をバーゼル地域において開催される「Basel Life 2017」に派遣し、派遣者は、同イベントで発表を行うとともに、県で委嘱したコーディネーターの案内のもと、現地製薬企業等を訪問し、交流すること。
(2) 県内大学等研究者
 県内大学等研究者自身が、バーゼル地域において開催される「Basel Life 2017」に参加し、同イベントで発表を行うとともに、県で委嘱したコーディネーターの案内のもと、現地製薬企業等を訪問し、交流すること。

4  派遣期間

平成29年9月11日から13日までを含む1週間程度

5 派遣予定数

若干名

6 応募条件

 Basel Life 2017の発表登録(3月27日(月)から4月27日(木)23:59まで(中央ヨーロッパ標準時))を行っていること。

※関連リンクを参照してください。

7 応募方法等

(1)応募方法
 若手研究者等バーゼル地域ネットワークづくり支援事業参加申請書及び関係書類(様式第1号から第3号まで)を、富山県厚生部くすり政策課に郵送又は持参により提出すること。
(関係書類)
 ・派遣者の略歴等(様式第1号)
  発表の概要(様式第2号)
  所属長の承諾書(様式第3号)
  添付書類(Basel Life 2017へ発表登録していることがわかるもの)

(2)受付期間
 平成29年3月27日(月)から同年5月15日(月)まで
 (郵送の場合は5月15日(月)当日消印有効)

8 派遣者の決定について

(1) 検討会を開催し、検討委員の意見に基づき、県が派遣者を決定します。
(2) 検討会では、必要に応じて応募者から応募内容について直接ヒアリングを行う面接検討会を行う場合があります。
(3) 選考結果は、平成29年6月上旬頃までに応募者に通知(内示)します。
  後日「Basel Life 2017」の事務局から、発表方法(口頭又はポスター)の決定に関する案内(Basel Life 2017のホームページによると案内は6月を予定)を受領したことを確認のうえで正式な派遣者決定の通知を行います。

9 補助事業について

「8 派遣者の決定について」の(3)の通知を受けた『県内大学等研究者』(※)については、渡航費の一部を補助します。詳しくは、別途対象者へご案内します。
 ※注:補助対象は『県内大学等研究者』になります。

10  書類等提出先・お問合せ先

〒930-8501 富山市新総曲輪1番7号 
富山県厚生部くすり政策課振興開発班
(電話076-444-3236、FAX 076-444-3498)
E-MAIL akusuriseisaku[atmark]pref.toyama.lg.jp
 ※メールアドレスは[atmark]部分を@に置き換えてください。

 ※詳細は、関連ファイルをご参照ください。

【 情報発信元 】
厚生部 くすり政策課 振興開発班 電話:076-444-3236  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 くすり政策課 振興開発班
電話:076-444-3236