富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 くすり政策課 > 麻薬・向精神薬・覚せい剤取締法関係 > 病院・診療所におけるケタミンの麻薬指定に係る留意事項 (2006年12月15日)

麻薬・向精神薬・覚せい剤取締法関係

最終更新日:2012年12月7日

病院・診療所におけるケタミンの麻薬指定に係る留意事項 (2006年12月15日)

「ケタミン及びその塩類」(以下「ケタミン」)が、本年3月23日に新たに麻薬に指定され、平成19年1月1日から麻薬としての規制を受けることになります。
 現在、ケタミン製剤として、第一三共プロファーマ株式会社から「ケタラール静注用50mg/200mg」及び「ケタラール筋注用500mg」(以下「ケタラール」)が販売され、広く麻酔薬として使用されているところです。
 平成19年1月1日以降、ケタミン製剤を使用される場合の留意事項については、右記関連ファイルによりご確認ください。

【 情報発信元 】
厚生部 くすり政策課 電話:076-444-3233  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 くすり政策課
電話:076-444-3233