富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 生活衛生課 > 腸管出血性大腸菌による食中毒に注意しましょう

腸管出血性大腸菌による食中毒に注意しましょう

最終更新日:2017年9月15日

 全国的に腸管出血性大腸菌(O157等)による食中毒が発生しています。

 特に、今般、埼玉及び群馬両県において、惣菜販売系列店で購入した
惣菜を食べた方が、相次いで腸管出血性大腸菌O157に感染し、うち女児
1名が死亡する事態となっています。亡くなられた女児が食べたのは、
炒め物などの加熱調理済み食品であったことから、二次汚染の可能性が高いと
みられています。

 腸管出血性大腸菌による食中毒は、飲食店等だけではなく、家庭でも起こりうるものです。
 食品の十分な加熱はもちろんのこと、生の肉や魚などの汁が、果物やサラダなど
生で食べる物や加熱調理済み食品にかからないようにする、生の肉や魚を切った後は
使用した包丁やまな板を洗浄・消毒するなど“二次汚染”防止対策にも努めましょう。

主な予防方法

1 温度管理が必要な食品は、早めに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
 (冷蔵・冷凍庫は7割を目安に!食品を詰め込みすぎると
  庫内全体に冷気が行き渡らなくなります。)

2 調理の前、トイレの後など薬用ハンドソープ等を用いた手洗いを励行し、
  包丁やまな板、トングも使用後は交換したり、洗浄してから熱湯をかける等消毒を
 行うことも大切です。

3 野菜や果物を生で食べる場合は、流水で十分に洗浄しましょう。

4 食品は中心部まで十分に(75℃1分間以上)加熱しましょう。
  
5 調理済み食品は、長時間室温に放置せず、すみやかに食べましょう。
  残った食品は、きれいな容器を使って、冷蔵・冷凍庫に保管しましょう。
  でも、時間が経ち過ぎた食品は安全のため思い切って捨てましょう。
 

関連リンク一覧

関連ファイル

【 情報発信元 】
厚生部 生活衛生課 電話:076-444-3229  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 生活衛生課
電話:076-444-3229