富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 生活衛生課 > アニサキスによる食中毒に注意しましょう!

アニサキスによる食中毒に注意しましょう!

最終更新日:2017年9月15日

 魚介類に付いている寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が全国で急増しています。厚生労働省の統計によると、平成28年食中毒事件数は、ノロウイルス、カンピロバクターに次いで3番目に多い食中毒となっています。

食中毒事件総数とアニサキス食中毒件数の推移(全国)

アニサキス食中毒件数

1 アニサキスの特徴

色:半透明白色
大きさ:魚介類に寄生しているアニサキスは幼虫であり、体長2〜3cm(肉眼でも十分に
   見えます。)
寄生場所:主に内臓表面ですが、筋肉にも寄生します。

2 アニサキスが寄生している主な魚介類

サバ、アジ、イワシ、イカ、サンマ等
※ アニサキスの寄生した生餌を与えていた場合などを除き、養殖魚には、アニサキスの寄生
 がほとんど認められていません。

3 人への影響

 アニサキス幼虫が寄生している魚介類を生で食べたとき、まれに人の胃や腸壁に侵入し、食後2〜8時間後に激しい胃痛や悪心・嘔吐を生じます。(血圧降下等のアナフィラキシー様症状を呈することもあります。)
 これらの症状は、胃けいれん、胃潰瘍、虫垂炎などの症状と類似しているので、医師の診断を受けて下さい。

4 予防方法

○ 加熱調理(60℃1分間以上)が最も有効です。
○ −20℃で24時間以上(中心部まで)凍結すると死滅しますが、通常の料理で用いる程度
 の醤油、ワサビ、酢などでアニサキスは死にません。
○ シメサバを作る場合、塩じめ工程で−20℃で24時間以上(中心部まで)凍結することも
 予防法の一つです。
○ 魚介類を生食する際には、より新鮮なものを選び、早期に内臓を除去しましょう。

関連リンク一覧

【 情報発信元 】
厚生部 生活衛生課 電話:076-444-3229  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 生活衛生課
電話:076-444-3229