富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 生活衛生課 > 浅漬けやサラダを原因とする食中毒に気をつけましょう!

浅漬けやサラダを原因とする食中毒に気をつけましょう!

最終更新日:2012年9月19日

 平成24年8月、北海道で浅漬けを原因とする腸管出血性大腸菌(O157)による食中毒が発生し、患者は100名を超え7名の方が亡くなる事態となりました。
 浅漬けやサラダ、カットフルーツなどの調理では、次のことに気をつけて、食中毒を予防しましょう!

食中毒予防のポイント 〜浅漬け、サラダなどを調理する時〜

 ○調理の前には、ていねいに手洗いをしましょう
○生で食べる野菜や果物は十分に洗浄し、必要に応じて消毒しましょう
○まな板、包丁、ボールなどは、肉用や魚用と区別して使い分けましょう
○調理後は、冷蔵庫など低温で保管するか、早めに食べましょう

〜野菜や果物の消毒方法〜

<消毒の手順>
1.野菜や果物を十分に洗浄する
2.次亜塩素酸ナトリウム消毒液(0.02%)に5分以上浸す
3.十分な流水ですすぎ洗いをする

<消毒液(0.02%)の作り方>
ペットボトル2Lの容器に 
市販の塩素系漂白剤(原液濃度約5%)をペットボトルのキャップ2杯分を入れ
水を加え、全体を2Lにする 
     

【 情報発信元 】
厚生部 生活衛生課 電話:076-444-3229  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 生活衛生課
電話:076-444-3229