富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 生活衛生課 > 毒きのこに注意しましょう!

毒きのこに注意しましょう!

最終更新日:2017年9月13日

 キノコの美味しい季節になりました。
 例年、9月〜11月には、毒キノコによる食中毒が発生しています。いずれも自己流の鑑定で、誤って食べたことが原因です。(表1)。
 10月初旬から枯れ木にツキヨタケの発生がみられるので、ヒラタケやシイタケと誤食しないよう注意が必要です。
 食用のキノコと確実に判断できないキノコは、絶対に採らない!食べない!売らない!人にあげない!ことを徹底しましょう。
 また、スギヒラタケは、腎障害のある方が食べると急性脳症を引き起こし、死に至ることもあるため、充分注意しましょう!

秋の食中毒予防!

食べないで知らないきのこはあぶないぞ    富山市立中央小学校 藤巻 ひかり さんの作品

表1 富山県におけるきのこ食中毒発生状況(H16〜)
患者数 原因きのこ 発生場所
平成16年 9月 4 イッポンシメジ 氷見市
10月 2 ドクササコ 平村
平成17年 10月 3 ツキヨタケ 富山市
平成18年 10月 2 ツキヨタケ 黒部市
平成22年 10月 4 ツキヨタケ 小矢部市
平成24年 10月 2 オオワライタケ 黒部市
3 ツキヨタケ 南砺市
1 ツキヨタケ 富山市
6 ツキヨタケ 南砺市
11月 3 種別不明のキノコ
平成25年 10月 2 種別不明のキノコ 富山市
1 種別不明のキノコ 氷見市
12月 1 ツキヨタケ 富山市
平成26年 9月 2 ツキヨタケ 砺波市
12月 4 ツキヨタケ(推定) 射水市

(平成19年〜21年、23年、27、28年には、発生がありません)

【誤った迷信や言い伝えを信じない】

『柄が縦に裂けるきのこは食べられる。』や『ナスと一緒に煮ると毒がなくなる。』といった様々な言い伝えがありますが、信用してはいけません。

関連リンク一覧

関連ファイル

【 情報発信元 】
厚生部 生活衛生課 食品乳肉係 電話:076-444-3230  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 生活衛生課 食品乳肉係
電話:076-444-3230