富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 生活衛生課 > 犬の飼い主の皆さんへ > 避妊・去勢をしましょう

犬の飼い主の皆さんへ

最終更新日:2013年11月30日

避妊・去勢をしましょう

 動物は、自然の環境下では、あっという間に頭数が増えます。ブリーダーとは違い、ペットとして飼っている場合は、新しい飼い主をみつけること、次々産まれる子を自分で飼うことは無理な場合がほとんどです。
 また、避妊・去勢手術はかわいそうとか、費用が高いとか、まだ子犬だからとかいって受けないと、適切な管理ができず、近隣とのトラブルの原因となることもあります。
 さらに、犬が増えてしまい、飼えないからといって捨てても、その犬にとっては大変不幸なことです。
 それならば、避妊・去勢手術をすることをおすすめします。

避妊・去勢のメリット

【共通】
・長生きする確率が高くなる
・雌雄一緒の飼養が可能となる

【オス】
・前立腺の病気、精巣や肛門周辺の腫瘍などの予防になる
・性的欲求によるストレスから解放される
・攻撃性が抑えられ、温和になる
・ムダ吠えやマーキングが減り、落ち着く

【メス】
・望まない妊娠が避けられる
・子宮の病気や乳ガンの予防に効果がある
・生理や発情時のわずらわしさとともに、発情のストレスもなくなる

避妊・去勢のデメリット

【共通】
・繁殖させたくても不可能
・栄養管理等によっては肥満になりがち
・ホルモン欠乏症による皮膚病が起こる場合がある
ただし発症率はかなり低く、有効な治療法がある

*手術をする時期はいつでも可能ですが、生後6〜8ヶ月頃の最初の発情前に行うのが効果的です。それ以降であっても、なるべく早く手術を実施すべきです。

【 情報発信元 】
厚生部 生活衛生課 食品乳肉係 電話:076-444-3230  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 生活衛生課 食品乳肉係
電話:076-444-3230