富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 感染症発生動向調査

感染症発生動向調査

最終更新日:2018年10月25日

感染症発生動向調査とは

1981年(昭和56年)から全国で行われている調査事業です。

1999年(平成11年)4月に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」が施行されたことにより、法に基づく感染症対策の施策として位置づけられました。

○目的
・感染症に対する有効かつ的確な予防・診断・治療に係る対策を図る
・それにより、多様な感染症の発生及びまん延を防止

○取組
・感染症の発生情報の正確な把握と分析
・その結果の国民や医療機関への迅速な提供・公開

1−1.感染症発生動向調査の流れ(患者情報)

感染症発生動向調査実施体制図(患者情報)感染症法に基づき、診断した医師(定点把握疾患については指定届出機関の管理者)から保健所へ届出のあった感染症に関する情報について、オンラインシステムにより、都道府県を通じて、厚生労働省に報告されます。

1−2.感染症発生動向調査の流れ(病原体情報)

感染症発生動向調査実施体制図(病原体情報)感染症法においては、患者情報と整合性の保たれた病原体の検査情報の収集についても、積極的疫学調査として、国及び地方公共団体が実施しています。

2.発生動向調査の調査対象

○対象感染症(国指定。平成30年5月1日現在)
全数把握疾患 89疾患
定点把握疾患 26疾患

○患者定点医療機関(富山県指定。平成30年4月1日現在)
インフルエンザ定点 48ヵ所
小児科定点     29ヶ所
性感染症定点    10ヶ所
眼科定点       7ヶ所
基幹定点       5ヶ所

○病原体定点医療機関(富山県指定。平成30年4月1日現在)
10ヶ所

3.発生動向調査の結果

富山県感染症発生動向速報として、毎週とりまとめ発表しています。
詳細はリンク先からご確認ください。

なおこの情報は、医療関係者向けに
メールでも配信しています。
登録はお気軽に以下まで問合せください。
(富山県厚生部健康課感染症・疾病対策班 TEL 076-444-4513
 又は、
 健康課お問合せフォーム
 http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1205/form.html )

また、過去1年間や10年間分をとりまとめ発表しています。
詳細はリンク先からご確認ください。

4.その他の関連情報(ファイル、リンク)

関連ファイルを確認ください。
  ・感染症発生動向調査事業実施要綱(平成30年5月1日改正施行版 厚生労働省)
  ・富山県感染症発生動向調査事業実施要綱
  ・病原体検査票(富山県版)

関連リンクを確認ください。
  ・感染症法に基づく医師届出(届出基準および届出様式等)
  ・感染症法に基づく獣医師医師届出(届出基準および届出様式等)

  ・富山県感染症発生動向速報(週報)
  ・富山県感染症発生動向速報(過去1年、10年単位)
  ・富山県感染症情報

  ・感染症発生動向調査週報(IDWR)(国立感染症研究所)
  ・感染症発生動向調査病原体検出情報(IASR)(国立感染症研究所)

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 電話:076-444-3222  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課
電話:076-444-3222