富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 難病及び小児慢性特定疾病の新たな医療費助成制度について(平成27年1月1日以降) > 1.難病患者支援

難病及び小児慢性特定疾病の新たな医療費助成制度について(平成27年1月1日以降)

最終更新日:2017年11月4日

1.難病患者支援

 平成27年1月1日から「難病の患者に対する医療等に関する法律」により、新たな医療費助成制度が始まりました。

1 対象疾病について

(1)認定基準
   疾患の特性に応じた重症度分類が導入され、重症度分類で一定以上の方等が医療費助成
  の対象となります。
(2)対象疾病の拡大
   これまでの56疾病に加え、平成27年1月1日から110疾病が対象となり、平成27年7
  月1日には306疾病になりました。また、平成29年4月1日から24疾病が追加となり、
  現在330疾病が対象となっています。
   具体的な疾患名は関連ファイル「指定難病330疾病」をご参照ください。

2 自己負担限度額について

(1)算定方法
   これまで生計中心者の所得により限度額を認定していましたが、健康保険(医療保険)
  が同じ世帯の所得(市町村民税課税額)に応じて、認定されます。
(2)自己負担限度額の変更
   自己負担限度額(月額)が変更されます。
   また、入院や外来の区分は廃止となり、受診した複数の医療機関や薬局等の自己負担を
  すべて合算した上で負担上限額を適用することになります。
   これまで難病医療費の助成を受けていた方の中には、今まで以上の自己負担をお願いす
  ることもあります。 

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 感染症・疾病対策班 電話:076-444-4513  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課 感染症・疾病対策班
電話:076-444-4513

関連ファイル