富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 難病及び小児慢性特定疾病の医療費助成制度について > 医療費助成制度の概要

難病及び小児慢性特定疾病の医療費助成制度について

最終更新日:2018年6月19日

医療費助成制度の概要

【 難 病 】

富山県では、平成27年1月に施行された「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づき、指定難病の患者に対し医療費助成を行っており、平成30年3月現在では、330疾病が対象となっています。
平成30年4月1日からはさらに1疾病が追加となる予定です。

【 小 児 慢 性 特 定 疾 病 】

○ 医療費助成の対象疾病を拡大します。
  ◆ 新たに107疾病を助成の対象とし、小児慢性特定疾病は704疾病に拡大されます。

○ 患者さんの負担が変わります。
  ◆ 医療費の自己負担の割合が、全員2割となります。
  ◆ 所得に応じ、自己負担する金額の限度額が変わります。
  (これまで小児慢性特定疾病の医療費助成を受けていた方の中には、
   今まで以上に自己負担をお願いすることもあります。)

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 感染症・疾病対策班 電話:076-444-4513  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課 感染症・疾病対策班
電話:076-444-4513