富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 富山県特定疾患治療研究事業について > 4 自己負担金額

富山県特定疾患治療研究事業について

最終更新日:2019年12月14日

4 自己負担金額

公費で負担するのは、認定された疾患に関する医療に限られます。

【厚生労働省が指定する特定疾患(5疾患)】

自己負担はありません。

【県が指定する疾患(9疾患)】

 医療機関の窓口にて、一旦医療費をお支払いいただきます。その後、住所地を管轄するの厚生センター・支所、富山市保健所・各保健福祉センターに請求いただければ、以下により算出された金額を県から償還払いいたします。

○公費負担額
 高額療養費制度の自己負担限度額(適用区分ウの規定を適用)の1/3(以下、「基準自己負担額」という。)を超えた場合、その超えた額に対して、「基準自己負担額」または「高額療養費算定基準額と基準自己負担額の差額」のいずれか低い額を限度に給付されます。
 
○計算例
 自己負担額のうち本制度の対象分をX円とすると・・・
・自己負担額(高額療養費制度適用後)が80,100円以下の場合
 X−26,700円≧26,700円のとき、給付額は26,700円
 X−26,700円<26,700円のとき、給付額はその算出した額
  例1:X=57,600円のとき → 給付額26,700円
  例2:X=44,400円のとき → 給付額17,700円
  例3:X=24,600円のとき → 給付額   0円
・自己負担額(高額療養費制度適用後)が80,100円を超える場合
 給付額はXの1/3
  例:X=86,430円のとき → 給付額28,810円

〇留意事項
・食事・保険対象外の自己負担額は公費負担の対象になりません
・特定疾患以外や有効期間外の医療費は、本制度の対象とならないため、計算例のとおりにならない場合があります
・自己負担額(高額医療費制度適用後)は医療保険加入者の年齢や所得水準によって異なり、上限額が26,700円以下の場合、この制度による給付は0円となります(高額医療費制度については、厚生労働省ホームページ(関連リンク)や加入されている医療保険者へお問い合わせください)

【先天性血液凝固因子障害等治療研究事業】

自己負担はありません。

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 感染症・疾病対策班 電話:076-444-4513  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課 感染症・疾病対策班
電話:076-444-4513