富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 日本肝炎デー

日本肝炎デー

最終更新日:2016年7月29日

 世界保健機関(WHO)が定めた世界肝炎デー7月28日を厚生労働省では「日本肝炎デー」と定めています。それにあわせ、「日本肝炎デー(7月28日)」を含む月曜日〜日曜日を「肝臓週間」と定め、肝臓病についての正しい知識を普及し、感染予防の重要性についての認識を高めることを目指しています。
 肝臓は「沈黙の臓器」。少々ダメージを受けても、なかなかSOSを出しません。「体がだるい」と思うころには、肝臓はかなりの重症になっています。肝臓病の7割以上はウイルス性肝炎です。ウイルスに感染すると肝臓の働きが悪くなり、放置すると肝硬変・肝がんへと進行していきます。しかし、肝炎ウイルスに感染しても、適切な健康管理や治療をすることで、悪化をふせぐことができます。
 今まで、肝炎ウイルス検査を受けたことのない方や、肝炎ウイルスの感染に不安がある方は、厚生センター(保健所)や県内の委託医療機関において無料で肝炎ウイルス検査を受けることができますので、ぜひ、この機会に検査を受けましょう。
 委託医療機関は県厚生部健康課、またはお近くの厚生センター、保健所におたずねください。

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 電話:076-444-3222  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課
電話:076-444-3222