富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 富山県肝炎ウイルス持続感染者対応マニュアル(Vol.5)

富山県肝炎ウイルス持続感染者対応マニュアル(Vol.5)

最終更新日:2017年8月29日

 肝がんは、B型肝炎ウイルス、又はC型肝炎ウイルスの感染によるウイルス性肝炎からの進行が多数を占めています。ウイルス性肝炎は、感染した自覚がないまま慢性肝炎から肝硬変・肝がんへ進行することが多く、感染を早期に発見し適切な治療を受けることが重要となっています。
 このため、平成14年度から、市町村において肝炎ウイルス検診が実施されていますが、肝炎ウイルス検診で把握した肝炎ウイルス持続感染者を適切な治療につなぐことが重要となることから、富山県では、肝炎ウイルス持続感染者のフォロー体制を整備するとともに、医療と保健の連携強化を図るため「富山県肝炎ウイルス持続感染者対応マニュアル」を策定しております。 
 このたび、医療費助成制度の変更や、ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業の開始を受け、Vol.5版として改訂しました。

※富山県肝炎ウイルス持続感染者対応マニュアル(Vol.5)は関連ファイルをご覧ください。また掲載されている各種様式についてもダウンロードが可能です。

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 電話:076-444-3222  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課
電話:076-444-3222