富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > 富山県のがん診療連携拠点病院等 > 富山県のがん診療体制について

富山県のがん診療連携拠点病院等

最終更新日:2016年6月3日

富山県のがん診療体制について

本県のがん医療の均てん化を図っていくため、本県の地理的な特徴のなかで、県内各医療機関のこれまでのがん医療の歴史やその特性を踏まえた新たながん診療体制を言います。

富山県のがん診療体制の特徴

■10病院(国指定7病院+県指定3病院)が連携協力し、病院毎の特性を活かしながら、二次医療圏毎に、集学的医療、緩和ケア、在宅療養支援を提供できる体制を構築

■県立中央病院は、連携の中心的役割を担うとともに、県全体のがん診療体制のさらなる充実に向け、高度画像診断センター、内視鏡センター等を整備

■富山大学附属病院は、高度先端医療を提供するとともに、専門看護師教育課程で「がん専門看護師」を養成するなど、県全体のがん診療人材の育成を推進

富山県のがん診療体制の取組み

1.すべての病院で敷地内禁煙
 全ての病院で敷地内禁煙を実施

2.がん治療に関する主要なアウトカム指標の公表
(1)胃・大腸・乳がんについて、県内すべての国指定のがん診療連携拠点病院で5年生存率を公開
(2)専門分野と専門医の人数、治療内容等、がん治療に関する全面的な情報開示

3.がん患者会の強化並びに患者・家族の療養・相談支援体制の整備
(1)既存の院内のがん患者会(乳がん)の強化(H19:5団体 → H26:7団体)

4.緩和ケア外来や外来化学療法の実施
(1)緩和ケア外来の開設
(2)現在すべての病院で実施している外来化学療法の充実

5.病診連携を強化し、がん患者の在宅療養を支援する体制の確立  
(1)郡市医師会、訪問看護ステーション、在宅介護支援センター等と連携し、在宅療養となる患者へ適切なホームドクターを紹介するシステムの確立
(2)24時間在宅緩和ケアの実施に向け、拠点病院を核として、緩和ケア外来がバックアップしながら医師会、訪問看護等とのネットワークの構築

6.院内がん登録の精度の向上
 質の高い院内がん登録の整備に向け、県内の診療情報管理士が定期的に研修会や情報交換を実施

7.共同利用型PETセンターと連携したがん診断・治療体制の構築
(1)PETセンターとがん診療連携拠点病院等が連携して、診断・治療を行う体制を構築
(2)PETセンターとがん診療連携拠点病院等は、将来的に画像情報をオンラインで結び、がんの診断・治療の質を向上

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 電話:076-444-3222  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課
電話:076-444-3222