富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 健康課 > ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の予防について

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の予防について

最終更新日:2017年1月20日

 感染性胃腸炎は、下痢・おう吐等のなどの症状を引き起こすウイルスや細菌に感染することで発症し、ノロウイルスはその主要な原因(病因物質)のひとつです。
 特に、集団生活等を行っている施設では、感染性胃腸炎の発生・まん延防止のための衛生対策などが重要となります。

感染経路

感染性胃腸炎の感染経路は経口感染で、次の感染様式があります。

(1)汚染されていた食品(貝類等)を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
(2)食品取扱者(調理従事者)が感染し、その者を介して汚染した食品を食べた場合
(3)患者のふん便や吐物を取り扱って感染した場合

特に、ノロウイルスはごく少量のウイルス量で感染するので、わずかな手指の洗い残しから食品や食器に付着し、新たな感染者を増やすので注意が必要です。

症状、診断及び治療

【症状】
潜伏期間(感染から発症までの時間)は24〜48時間、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱で、通常これらの症状が1〜2日続いた後回復します。また、感染しても発症しない場合(不顕性感染)や軽い風邪のような症状で回復する人もいます。

【診断】
感染性胃腸炎は、症状だけでは病因物質を特定できません。患者のふん便や吐物を用いて、遺伝子を検出する方法が一般的ですが、医療機関で迅速診断キットを採用しているところもあります。

【治療】
対症療法です。下痢などにより脱水症状がひどい場合には医療機関で輸液が行われます。電解質バランスの維持が大切なので、飲み物としては水よりもスポーツドリンクの方が勧められます。

予防方法-手洗いと加熱調理-

【手洗い】
病因物質(特にウイルス)は、手指を介して食品を汚染することがあり、手指に着いたウイルスを除去することが大変重要です。
食品を取り扱う方は、作業の際は指輪等を外しておき、特に調理前とトイレの後は石けんを十分泡立てて手指を洗浄し、流水で洗い流すことを2回繰り返してください。


【加熱】
食材で加熱を要するものは、中心部まで85℃で1分以上加熱することで、ウイルスなどの病因物質は感染性を失います。
加熱できないサラダや寿司などは、調理の際の手指を介した汚染に注意しましょう。調理済みの加熱食品も、調理後に汚染しないような取り扱いが重要です。

吐物などの消毒

塩素消毒液の濃度家族が感染したら、次のことに注意してください。

・患者の吐物やふん便には大量のウイルスが含まれていますので、処理をする方は自分や他の家族に感染させないよう十分な注意が必要です。

・使い捨てのマスクと手袋を着用し、ふん便、吐物をペーパータオル等で静かに拭き取ります。

・ふん便や吐物が付着した床等は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で浸すように拭き取ります。

・拭き取りに使用したペーパータオル等は、次亜塩素酸ナトリウムを希釈したもの(塩素濃度約1000ppm)に5〜10分間つけた後、ビニール袋に入れて処分します。

・最後に使用した手袋とマスクもビニール袋に入れて処分し、流水で石鹸(又はハンドソープ等)を使用してよく手をこすり洗いします。

・塩素消毒液の濃度は、上の表を参考にしてください。

※消毒液は、飲用ペットボトルなどに入れると飲み物と間違って飲んでしまう事故が起きることがあります。必要時に作成するか、保管する場合は「消毒液」と目立つように表示しましょう。

Q&A、くわしい情報について

厚生労働省が、ノロウイルスに関するQ&Aを作成しています。右の「関連リンク」からごらんいただけます。

また、生活衛生課のノロウイルス食中毒予防ページや、感染症情報センターのページにもリンクしています。

集団発生や消毒方法などのご相談

社会福祉施設などで集団発生した場合の対応や、消毒方法などを具体的にお尋ねになりたい場合は、最寄りの厚生センター・支所、富山市保健所にお尋ねください。

県内の感染性胃腸炎相談窓口(8:30〜17:15 土日祝日を除きます)
相談先(感染症担当) 電話番号(直通)
新川厚生センター 0765-52-2647
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359
中部厚生センター 076-472-0637
高岡厚生センター 0766-26-8414
高岡厚生センター射水支所 0766-56-2666
高岡厚生センター氷見支所 0766-74-1780
砺波厚生センター 0763-22-3512
砺波厚生センター小矢部支所 0766-67-1070
富山市保健所 076-428-1152
富山県厚生部健康課 076-444-4513

【 情報発信元 】
厚生部 健康課 感染症・疾病対策班 電話:076-444-4513  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 健康課 感染症・疾病対策班
電話:076-444-4513