富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 医務課 > 医療機関・薬局等における感染拡大防止支援事業について

医療機関・薬局等における感染拡大防止支援事業について

最終更新日:2020年10月30日

 新型コロナウイルス感染症に対する感染拡大防止対策などを行う医療機関・薬局等に対し、そのために要する費用を補助する支援金を支給します。

【重要】
New◎早期に支援金を交付するため、申請期限を10月30日(金)としておりましたが、当面の間は申請を受け付けますので、お早めに申請してください。
New◎書類に不備があった場合には手続きが遅れますので、書類の提出にあたっては、チェックリストにより不備がないことの確認をお願いします。
◎ 提出いただいた書類は返却できません。必ず写し(コピー)をとって保管してください。
◎ 添付書類の原本は医療機関等で保管し、交付申請書・実績報告書には写し(コピー)を添付してください。
◎申請及び実績報告については、受付順に審査しておりますが、内容によっては前後する場合もあります。

=========================================
New 令和2年10月14日 関連ファイのうち質問集に実績報告関係を追加しました。また、2-2実績報告書(記載例)を更新しました。

令和2年10月1日 関連ファイルに質問集を掲載しましたので、お手続きの参考にしてください。

令和2年9月16日 関連ファイルに、1-5交付申請書提出前チェックリスト、2-3実績報告書提出前チェックリストを掲載しました。
※書類に不備があった場合には手続きが遅れますので、書類提出にあたっては、チェックリストにより不備がないことのご確認をお願いいたします。

令和2年9月11日 関連ファイルのうち、2-1実績報告書、2-2実績報告書(記載例)を更新しました。
※記載例では作成の際に留意いただきたい内容を示していますので、ご確認ください。

令和2年9月4日 関連ファイルに、2-1実績報告書、2-2実績報告書(記載例)を掲載しました。また、1-2交付申請書(記載例)を更新しました。
※実績報告の際は、当ホームページの「6 実績報告方法」や報告書記載例をご参照のうえ、手続きを行ってください。
※交付申請書の様式第1号に記載する住所について、説明を追加しました。
=========================================
令和2年8月27日 関連ファイルのうち、1-1交付申請書、1-2交付申請書(記載例)を更新しました。
※「様式第4号」の収入の県補助金の額を入力することで「様式第1号」の申請額が自動的に入力されるように修正しました。
令和2年8月24日 関連ファイルのうち、1-1交付申請書、1-3交付申請書(手書き用)を更新しました。
※「様式第1号」の申請者の「名称」を「法人等名称」、「代表者氏名」を「代表者職・氏名」に修正しました。
令和2年8月14日 関連ファイルすべてに追記しました。
※「様式第2号」医療機関コードの記入ついて、説明を加えました。
  また、施設類型欄の不備(無床診療所(歯科)を選択しても補助上限額が表示されない)を修正しました。
令和2年8月13日 関連ファイルのうち、1-2交付申請書(記載例)と1-4交付申請書(手書き用記載例)を更新しました。
※「様式第2号」医療機関コードについて、歯科の番号を修正しました。

1 事業の概要

 新型コロナウイルス感染症の院内等での感染拡大を防ぐための取組みを行う病院・診療所・薬局・訪問看護ステーション・助産所に対して、感染拡大防止対策や診療体制確保などに要する費用を補助します(令和2年4月1日から令和3年3月31日までにかかる費用が対象)。

2 補助対象者及び補助額の上限

※対象となる医療機関は保険医療機関、薬局は保険薬局、訪問看護ステーションは指定訪問看護事業者に限ります。

補助対象者 補助額の上限
病院 200万円+5万円×病床数
有床診療所(医科・歯科) 200万円
無床診療所(医科・歯科) 100万円
薬局 70万円
訪問看護ステーション 70万円
助産所 70万円

3 対象となる経費

○ 新型コロナウイルス感染症に対応した感染拡大防止対策に要する費用

○ 院内等での感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を提供するための診療体制確保等に要する費用(従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除く。)

○ 令和2年4月1日から令和3年3月31日までにかかる費用(補助率10/10)

※申請は一回のみです。支出済みの費用だけでなく、申請日以降に発生が見込まれる費用も合わせて申請してください。

※なお、実績報告において対象とならない経費が含まれていた場合は、その額を差し引いて補助金を支払います。

4 申請受付期間

 令和2年8月11日(火)〜令和2年10月30日(金)

※10月30日(金)以降も当面の間は申請を受け付けますので、お早めに申請してください。

5 申請方法

 関連リンクから申請様式をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、「富山県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業運営事務局」へ郵送するとともに、Eメールで電子データを送信してください。

 ◎提出先
  〒930-0004
  富山市桜橋通り2-25 富山第一生命ビルディング6F
  富山県新型コロナウイルス感染症 緊急包括支援事業運営事務局(医療分)
  Eメール送付先 toyama-iryo1@bsec.jp

交付スケジュール
    手続 申請者 県(運営事務局)
1 交付申請書の提出【申請者→県(運営事務局)】  ○
2 交付決定   ○
3 事業執行  ○
4 実績報告書の提出【申請者→県(運営事務局)】  ○
5 成果確認、額の確定   ○
6 交付金の振込   ○

6 実績報告方法

 事業が完了してから30日以内又は令和3年1月8日のいずれか早い日までに、実績報告書の提出が必要となります。

 関連ファイルから実績報告書様式をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、「富山県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業運営事務局」へ郵送するとともに、Eメールで電子データを送付してください。
※郵送先、Eメール送付先は交付申請時と同じです。

※実績報告書に添付する感染拡大防止や診療体制確保等に要する費用に支出したことについて証明できる帳票等の書類については、様式第9号で確認してください。

※書類に不備があった場合には手続きが遅れますので、書類の提出にあたっては、チェックリストにより不備がないことの確認をお願いいたします。

7 問い合わせ先

富山県新型コロナウイルス感染症 緊急包括支援事業運営事務局
電話  076−471−7466(受付時間:平日8時30分〜17時)
FAX 076−471−7311
メール toyama-iryo1@bsec.jp

【 情報発信元 】
厚生部 医務課 電話:076-444-3219  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 医務課
電話:076-444-3219