富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 医務課 > とやまの医師確保対策 > 富山県地域医療再生修学資金貸与制度

とやまの医師確保対策

最終更新日:2017年11月11日

富山県地域医療再生修学資金貸与制度

 富山県では、将来、富山県内の公的病院等の小児科・小児外科・産科・麻酔科・救急科・総合診療科の医師を育成する観点から、医学生の方に対して、地域医療再生修学資金を貸与する制度を設けています。
 現在、平成29年度第2回地域医療再生修学資金の募集を行っておりますので、将来、県内の公的病院等の小児科医等を目指す方は、是非、ご活用ください。
 *募集要領、申請書類等については、関連ファイルからダウンロードしてください。

貸与の対象及び募集人数等

(1)前期コース(募集人数15名)
 大学1〜4学年の学生で、臨床研修修了後、県内の公的病院等において診療に従事する意志のある方
  ◆ 貸与期間は大学4学年まで

(2)後期コース(募集人数10名)
 大学5、6学年の学生で、臨床研修修了後、県内の公的病院等の小児科、小児外科、産科、麻酔科、救急科、総合診療科において診療に従事する意志のある方
  ◆ 貸与期間は大学6学年まで

※ 日本学生支援機構(日本育英会)の奨学金との併給は可能です。

貸与金額

(1)前期コース  月額40,000円

(2)後期コース  月額70,000円

※今回の募集に係る修学資金の貸与は、平成29年10月分からとなります。

返還免除

(1)前期コース
 臨床研修修了後、直ちに県内の公的病院等の医師として勤務し、その期間が貸与期間の2倍に相当したとき、返還が免除されます。

(2)後期コース
 臨床研修修了後、直ちに県内の公的病院等の小児科、小児外科、産科、麻酔科、救急科、総合診療科の医師として勤務し、その期間が貸与期間の1.5倍に相当したとき、返還が免除されます。

※ 勤務する病院は、県内の公的病院等の中から自由に選択することができます。
  制度の詳細な内容は募集要領により確認してください。

募集期間

平成29年7月3日(月)〜9月25日(月)まで
※ 郵送の場合、当日消印有効

【書類の送付先・お問い合わせ先】
 〒930-8501 富山市新総曲輪1番7号
 富山県厚生部医務課 医師・看護職員確保対策班
 電話 076-444-3218(直通)
 E-mail doctor-t@esp.pref.toyama.lg.jp
 ※ 富山大学の方は、医薬系学務課 学生支援チームへ書類を提出してください。

【 情報発信元 】
厚生部 医務課 医師・看護職員確保対策班 電話:076-444-3218  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 医務課 医師・看護職員確保対策班
電話:076-444-3218