富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 子ども支援課 > 平成28年度「みらい創生等若者チャレンジ事業」 > 過去の実施企画(平成13年度〜平成28年度実施分)

平成28年度「みらい創生等若者チャレンジ事業」

最終更新日:2017年3月31日

過去の実施企画(平成13年度〜平成28年度実施分)

過去の実施企画を掲載しています。

◎平成18年度 若者チャレンジ部門 最優秀賞

企画名 私たちの世界!ファッションショー
実施主体 私たちの世界!ファッションショー実行委員会
実施時期 平成19年2月24日(土)
内容 若者や地域の皆さんに障害者への理解を深めてもらうとともに、障害者自身にも普段できないことにチャレンジしてもらうため、「障害者にやさしい」をテーマにしたファッションショーを開催。ダンスパフォーマンスや、オーケストラの生演奏のもと、8つの舞台構成で展開。桜井高校の生徒等による「障害者にやさしい」洋服のデザイン画や障害者アーティストによる美術作品の展示、障害者スポーツの紹介・体験、福祉事業所の出店販売なども行った。

◎平成18年度 若者トライ&出会い部門(トライ) 優秀賞12企画

企   画   名 実施主体 実施時期 内容
富山埋蔵金伝説 埋蔵金発掘プロジェクトチーム“ジパング” 平成18年10月15日(日) 地図・写真を手がかりにクイズが設置されている場所を探してクイズに回答するという、大人も童心に返って楽しめるオリエンテーリングを実施。参加した親子・カップルの交流を図った。
CHECK THE VIBE(チェック・ザ・バイブ) HERZ PROJECT 平成18年11月25日(土) 県内外で活動するダンサー、MCなどによるステージショーを開催し、地元アーティストのモチベーション・スキルアップを図った。
街頭紙芝居屋がやってきた!〜昭和の遊び場へタイムスリップ〜 「子ども遊ばせ隊」おたすけ若者グループ 平成18年9月9日(土) プロの紙芝居師である鈴木常勝氏と皿回し師 早川たかし氏による公演および遊びの場の開設により、遊びを通した地域の親子ふれあい活動の推進を図った。
FUTURE PLAN OF TOYAMA(富山県の未来計画討論) FUTURE PLAN OF TOYAMA実行委員会 平成18年10月9日(月)、10月29日(日)、平成19年1月16日(火) 留学生を含む県在住の学生が参加し、富山に住んで感じること、日頃の疑問、住みよい地域づくりや活性化をテーマとした意見交流会や勉強会、石井知事との対談を行った。
ハートフル花いっぱい運動 ハートフル花いっぱい運動実行委員会 平成18年9月26日(火)〜29日(金)、10月1日(日) コンテナガーデンコンテストに寄せ植え体験コーナーや音楽演奏を交えて来場者に楽しんでもらいやすいイベントを実施した。
不登校サポートクラブ「いぶき」第3回文化祭Circus−Starting Story− 不登校サポートクラブ「いぶき」 平成18年12月3日(日) 不登校の子どもたちがいろいろな人との交流を持つことの楽しさや自分表現の面白さを学ぶ機会として、参加者には仮装してもらい、音楽ライブや不登校に悩む子どもの支援機関の活動紹介、作品の募集・展示などを行った。
映画「逢いたい」プレミアム上映会 映画「逢いたい」プレミアム上映会実行委員会 平成18年11月5日(日) 富山県出身の映画監督 浅井康博氏を囲んで、実際ロケ地として使用された廃校でのプロジェクター上映会、監督による解説、ロケ現場散策を実施し、地域の活性化や地元の魅力の再発見を図った。
スキヤキ・マダン2006 無国籍打楽器集団 サラマレクム! 平成18年8月26日(土)・27日(日) 大規模な音楽イベントの機会を活用して、民族楽器体験やワークショップによる県民同士の交流を図ったほか、県外のグループも参加し、ネットワークの拡大に成功した。
1日限りの呉羽映画祭 呉羽映画祭実行委員会 平成18年11月26日(日) 現在改築工事中である呉羽中学校体育館の竣工記念として、その体育館を会場にした映画祭を開催し、住民同士の絆を深めるとともに、呉羽地区への愛着を深めてもらった。
10 SAMPLING TIME sample 平成18年8月20日(日) 文化財を会場に、地域住民や近隣の人々が集い楽しめるライブを開催。イベントブースでは子どもから大人まで楽しめるように、金魚すくい、流しそうめんなどのブースを設け、地域文化財産に親しみ、活用の可能性を具体的に提示した。
11 LIFE IS BEAUTIFUL 2006 LIFE IS BEAUTIFUL実行委員会 平成18年8月27日(日) 夏を締めくくる最後の休日に、映画のワンシーンのような時間を共有することをテーマにしたイベントを開催。音楽、アート、フードを通してスローライフを提案した。当日は予想以上の来場者数を得ることができ、利益が発生したため、概算払い済みだった助成金は全額返還してもらった。
12 grava工房「とやま伝統音楽の夜」第1回in岩瀬〜おとのはがり LIVE〜 gravaサポーターズクラブ 平成19年2月12日(月) 県内外で活躍するミュージシャンgravaをメインに、富山の伝統音楽文化を新しい形で表現し、次世代を担う若者に聞いてもらうことによって富山ブランドを構築するイベントを実施した。

◎平成18年度 若者トライ&出会い部門(出会い) 優秀賞2企画

企   画   名 実施時期 内容
とやまワールドバスツアー2006〜大人の遠足〜 おとなの遠足実行委員会 平成18年10月9日(月・祝) 外国人と県民によるバスツアーで、県中央植物園内でのオリエンテーリングや富山市割山森林公園でのバーベキューなどを通して、富山の魅力を再発見し、お互いの価値観を知ることでコニュニケーションを図った。
レディース&ジェントルマン ランクアップレクチャー2 (恋するハロウィン) RITZエンターテイメント 平成18年10月28日(土)、11月12日(日) 富山県内の未婚男女を対象にゲームなどを交えて参加しやすいパーティーを開催し出会いと交流を図った。また、後日人数を絞ってホテルマナー・テーブルマナーを学びながら落ち着いた環境でコミュニケーション能力を高める会を開催した。

◎平成18年度 地域チャレンジ部門 優秀賞2企画

企   画   名 実施主体 実施時期 内容
御車山囃子の音楽の保存 〜小学生参加で活性化する祭の音風景 地産地奏山町祭囃子実行委員会 平成18年11月8日・11日、12月10日、平成19年1月8日、2月4日・18日 太田豊氏(雅楽奏者)をリーダーに平米小学校でイベントを実施し、その後、興味のある子どもたちを集めて関野神社で神楽教室を開催することにより、子どもたちに囃子の面白さを伝えた。また、東京芸大の邦楽公開講座に出席し、楽器演奏法と小学生への教え方を学んだ。
海フェスタとやま 万葉ロマン家持“伏木・能登巡業追体験の旅” 海フェスタとやま 万葉ロマン家持“伏木・能登巡業追体験の旅”事業実行委員会 平成18年7月23日(日)、9月〜平成19年2月 大伴家持が馬で歩いた道をバスで、船で帰ってきた海路をヨットで伏木中学校の1年生に追体験してもらうことで、ふるさとを愛し、夢や希望を大切にする青少年の育成を図った。

【 情報発信元 】
厚生部 子ども支援課 青少年係 電話:076-444-3136  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 子ども支援課 青少年係
電話:076-444-3136