富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話等[平成29年度] > 知事コメント(北朝鮮核実験に対して)[平成29年9月3日(日)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話等[平成29年度]

2017年11月1日

知事室 目次

知事コメント(北朝鮮核実験に対して)[平成29年9月3日(日)]

 北朝鮮は、核実験を実施した旨、本日15時30分に公表した。また、わが国においても、本日12時31分頃、気象庁が、北朝鮮付近を震源とする自然地震ではない可能性のある地震波を探知したところである。

 政府においては、本日、安全保障会議を開催するとともに、内閣総理大臣の声明として、「北朝鮮の核・ミサイル開発は、わが国の安全に対する、より重大かつ差し迫った、新たな段階の脅威であり、地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうもので断じて容認できない。北朝鮮に対して、厳重に抗議し、断固として非難する」旨が発表されたところである。

 このたびの北朝鮮の行為は、核兵器の放棄や核実験を実施しないことを求めている国連安保理決議第2371号(平成29年8月5日)等に明確に違反するものであること、また、この安保理決議の採択以後も、政府において、北朝鮮に対し、度重なる核実験や弾道ミサイルの発射等の挑発行動を非難し、核・弾道ミサイルの放棄を強く求めてきたにもかかわらず、北朝鮮が実施を強行したことは、極めて遺憾であり、厳重に抗議するものである。

 政府においては、今回の核実験を含む北朝鮮情勢に関する情報収集に努められ、国連をはじめ米国、韓国、中国、ロシアなどの関係諸国と連携して、東アジアの安全と平和が守られるよう、断固とした姿勢で対処するとともに、この機会に改めて、核、ミサイルはもとより、拉致を含めた諸懸案の解決に向け、全力を尽くしていただくようお願いしたい。

 県においては、核実験に関する情報を覚知後、直ちに市町村や関係機関へ連絡するとともに、午後4時に危機管理連絡会議を開催し、情報共有・確認を行ったほか、引き続き情報収集に努めるよう周知徹底したところである。
 現在のところ、本県において、モニタリングポストの観測値に異常は認められず、被害の情報も入っていない。

 県としては、引き続き、モニタリングポストにおいて、核実験による県内の放射線量への影響の監視を行うとともに、政府の対応などの情報収集に努め、新たな情報が入った場合には、市町村はじめ関係機関に連絡するとともに、ホームページなどにより県民の皆さんにお知らせすることとしている。

                  (担当:防災・危機管理課 TEL:076-444-4124)

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム