富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話等[平成28年度] > 知事コメント(与党 整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「北陸新幹線敦賀・大阪間整備検討委員会」のとりまとめについて)[平成28年4月27日(水)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話等[平成28年度]

2017年10月17日

知事室 目次

知事コメント(与党 整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「北陸新幹線敦賀・大阪間整備検討委員会」のとりまとめについて)[平成28年4月27日(水)]

 本日、与党による整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「北陸新幹線敦賀・大阪間整備検討委員会」において、敦賀以西のルートについての中間とりまとめが行われ、国が調査を行う敦賀・大阪間のルートが決定した。

敦賀・京都間では、「小浜舞鶴京都ルート」「小浜京都ルート」「米原ルート」の3ルートが、京都・大阪間では、終点を新大阪駅とし、「北側ルート」(大阪府箕面市周辺)「南側ルート」(関西文化学術研究都市付近経由)の2ルートが調査対象とされたところであり、今般のとりまとめにあたり、この間の、与党関係者のご尽力に敬意を表したい。

 この中間とりまとめでは、本県がこれまで主張してきた京都駅を経由して、大阪に直接、乗換えなしで行けるルートが望ましいという意見が反映されるとともに、各ルートの調査を半年間程度の期間で行い、本年秋頃を目途に、この委員会に報告することを求めることとされ、早期全通に大きく前進するものであり評価したい。
 
 今後、このとりまとめを踏まえ、国において、各ルートについて早期に調査し、メリットやデメリットを明確にして議論を進め、敦賀・京都・新大阪間のフル規格による整備方針及びルートが平成28年中に決定すること、また、京都・新大阪までの開業が早期に実現するよう、今後とも、沿線関係府県や経済団体等と協力して、政府等関係各方面に強力に働きかけてまいりたい。

               (担当:総合交通政策室 TEL:076-444-3124)


【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム