富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」増刊号(置県130年特別号) vol.454

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」増刊号(置県130年特別号) vol.454

置県130年特別号 県広報とやまタイトルロゴ置県130年特別号 県広報とやま増刊号vol.454

富山県のあゆみ。ー過去から現在、そして未来へー

初代県庁舎(富山市郷土博物館所蔵)初代県庁舎(富山市郷土博物館所蔵)

置県130年を迎えて 富山県知事 石井隆一

石井知事写真 置県130年を迎え、県民の皆様とともに、この記念すべき歴史の節目に巡り合うことができたことを、心から喜び合いたいと思います。
 明治16年に富山県が誕生した当時は、災害も多く、全国的に貧しい県の一つと言われていました。しかし、今では、安全・安心で大変住み良い県として、全国トップクラスの評価を受けるようになりました。
 この間、ふるさと富山県の発展のために尽くされました多くの郷土の先人の方々に対しまして、心から敬意を表し、感謝を申しあげます。
 さて、富山県では、あと2年弱で北陸新幹線が開業します。伏木富山港の日本海側の総合的拠点港への選定、富山空港の国際航空路線の充実などとあわせて、陸・海・空の交通インフラ整備が大きく前進し、「元気な富山県づくり」がいよいよ正念場を迎えます。
 今後とも、世界に誇れる雄大な立山連峰などの豊かで美しい自然、多彩な歴史・文化、日本海側で実質トップのものづくりの伝統など本県の強みを活かしながら、県民一人ひとりが輝いて生きられる「元気な富山県」を創るために全力を尽くしてまいります。
 この『県広報とやま特別号』は、先人の偉業をしのぶとともに、県民の皆さんがふるさとへの誇りや愛着をはぐくみ、未来に希望を持って生き生きと働き暮していただく契機となるよう発行したものです。
 この機会にご家族や友人の方々などとふるさと富山県について大いに語り合っていただけましたら幸いです。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134

関連ファイル