富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2014年4月号 vol.459

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」2014年4月号 vol.459

「元気とやま」の実現に向けた主な取組み

「活力」とやま

勤勉で進取の気性に富む人材、恵まれた交通・情報基盤、産業集積などを活かし、創意工夫、意欲に満ちた、活力あふれる県づくりを進めます。


○新たな成長に向けたものづくり産業未来戦略の推進

●新設する3つのラボにより新たな産業クラスターを形成(「高機能素材ラボ」、「デジタルものづくりラボ」、「製剤開発・創薬研究支援ラボ」)
3億4,798万円

●産学官グループが行うナノテク分野の研究開発や新産業の創出、商品化等を支援
6,350万円

●産業展示館(テクノホール)の多機能型展示場への増改築に係る設計
7,804万円


○中小企業の振興・小規模企業者への支援

●中小企業の首都圏展示会への共同出展の支援や商談会の開催など
4,732万円

●伝統工芸品産業や地域産業の人材育成や販路開拓等を支援
2,454万円

●設備投資促進資金「集中投資促進枠」を拡充
融資枠30億円

●経営安定資金「小規模企業支援枠」を創設
融資枠40億円


○環日本海・アジアなど海外ビジネス展開の促進、企業立地の強化

●タイや台湾で高度なものづくり技術を発信(国際展示会に富山県パビリオンを設置)
1,475万円

●アジアを中心とした海外での県内企業の販路拡大を支援
4,280万円

●北関東など新幹線沿線等の企業誘致を強化
890万円


○農林水産業の振興

●高温に強い品種の作付拡大と新富山ブランド米の開発加速
3,100万円

●農地中間管理機構の整備、新たな農業研修機関「とやま農業未来カレッジ」を設置
7億2,150万円

●廃棄物の燃焼熱を利用した野菜、花の通年型の施設園芸の拠点づくり
17億5,896万円

●農林水産品のブランド力向上と首都圏などに向けたPRの強化
7,218万円

●全国豊かな海づくり大会の開催準備、海の森づくり(藻場の造成や保全)の支援
5,262万円


○観光の振興

●「とやまWeek in 東京2015」の開催、「ふるさと祭り東京」への出展(新幹線開業と富山の多彩な魅力を総合的に発信)
8,600万円

●JRとタイアップした東京駅スーパージャックなど
4,500万円

●「北陸デスティネーションキャンペーン」の実施準備
2,500万円

●富岩水上ラインの新艇整備
9,600万円

●富岩運河環水公園・海王丸パークのライトアップ
5,200万円

●「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟推進、富山湾岸サイクリングコースの整備など
3,967万円

●東南アジア、中国、アメリカでの観光プロモーションの実施
3,085万円

●定住・半定住モデル地域の育成(空き家を活用した宿泊体験施設整備支援など)
1,060万円

イルミネーション環水公園のイルミネーション

○陸海空の交通・物流ネットワークの基盤整備

●北陸新幹線整備負担金
69億700万円

●直轄事業負担金(能越自動車道、国道8号入善黒部バイパスなど)
110億9,000万円

●新幹線新駅等へのアクセス道路の整備など
68億9,600万円

●日本海側の総合的拠点港 伏木富山港の整備と利用促進(新湊大橋周辺や伏木外港の整備、環日本海クルーズの推進、シベリア鉄道を活用した輸送実験など)
16億5,298万円

●富山きときと空港の利用促進(東京便乗継利用のPR、台北便(夏季ダイヤ週5便、4/15〜5/31デイリー運航)等の利用促進など)
1億1,110万円

新高岡駅

富山駅

黒部宇奈月温泉駅

整備が進む新幹線駅。上から新高岡駅、富山駅、黒部宇奈月温泉駅。(いずれも南側から撮影)

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134