富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2014年6月号 vol.460

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」2014年6月号 vol.460

とやま発♪元気レシピ 氷見牛の野菜マリネ 1人分/約158kcal

氷見牛の野菜マリネ 氷見市特産のブランド牛である氷見牛は、鮮度はもとより肉質のキメの細かさや、程よく溶け込んだ脂肪の旨味が特徴です。この氷見牛の持ち味を活かし、食欲が減退気味になるこれからの季節にぴったりの、サッパリとした味わいのマリネを作りました。野菜も一緒にとれる低カロリーのオードブルは、とっても健康的なメニューです。

【材料・分量(4人分)】
氷見牛(モモ肉)…120g
ネギ(青い部分)…10cm
生姜…1かけ
トマト…60g
新タマネギ…60g
パプリカ(黄)…60g
ベビーリーフ…20g
(A)
酢…大さじ2
赤ワイン…大さじ2
塩…少々
コショウ…少々
砂糖…小さじ1
オリーブ油…小さじ2

【作り方】
1.トマトは種を取り、ちいさめの角切りにする。新タマネギは薄切りにして水にさらし、水気を切る。パプリカはさっと茹でて、ちいさめの角切りにする。
2.混ぜ合わせた(A)に(1)を入れて和える。
3.鍋にたっぷりの水、ネギ、薄切りにした生姜を入れて火にかけ、沸騰したら氷見牛を一枚ずつ加える。肉の色が変わったらすぐに水にとり、水気を切って食べやすい大きさに切る。
4.(2)に(3)を加えて和え、1時間ほどおいて味を染み込ませる。
5.(4)を器に盛り、ベビーリーフを添えれば出来上がり。

【Cooking Point】
●氷見牛は色が変わったら、素早く水にとる。氷見牛がない場合は、ほかの牛肉を使ってもOK。
●しばらく漬け込むことで、味が染み込んでより美味しくなる。

〈協力〉氷見市食生活改善推進協議会

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134