富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2015年4月号 vol.464

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」2015年4月号 vol.464

「元気とやま」の創造に向けた主な取組み

「元気とやま」の創造に向けた主な取組み2014年10月、富山湾はユネスコが支援する「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟しました。

「活力」とやま

勤勉で進取の気性に富む人材、恵まれた交通・情報基盤、産業集積などを活かし、創意工夫、意欲に満ちた、活力あふれる県づくりを進めます。


○新たな成長に向けたものづくり産業未来戦略の推進
●高機能素材・ライフサイエンス・産学官大型研究の推進など[2月補正含む]
3億4,400万円

●医薬・バイオ、次世代自動車、航空機、ロボットなど新たな成長産業の研究開発等を支援[2月補正含む]
1億6,141万円

●デザインの活用による製品の高付加価値化を支援[2月補正含む]
8,108万円


○中小企業の振興とチャレンジの支援
●中小企業の国内外への販路開拓や若者・女性の創業等を支援[2月補正含む]
7,137万円

●伝統工芸品のブランド力強化や後継者の育成等を支援[2月補正含む]
4,507万円

●中小企業制度融資を拡充
金利を一律0.2%引下げ

●創業支援資金等に「県内進出支援枠」や「デザイン産業・コンテンツ産業支援枠」を創設
融資枠18億円


○環日本海・アジアなど海外ビジネス展開の促進、企業立地の強化
●アジアを中心とした海外での県内企業の販路拡大を支援[2月補正含む]
9,588万円

●新幹線開業効果を生かす企業誘致を強化[2月補正含む]
1,979万円

●新成長産業研究拠点強化助成金を創設[2月補正]
1億円

○農林水産業の振興
●地域のモデルを目指して農業所得増大に取組む経営体を支援[2月補正]
4,075万円

●6次産業化や薬用作物の産地化を推進[2月補正含む]
1億403万円

●農林水産品のブランド力向上と国内外への魅力発信を強化[2月補正含む]
1億1,405万円

●全国豊かな海づくり大会の開催、海の森づくり(藻場の造成や保全)を支援
2億5,020万円

とやま農業未来カレッジ(1月22日開校)とやま農業未来カレッジ(1月22日開校)

○観光の振興、定住・半定住の促進
●東京圏情報発信拠点の開設準備
4億円

●北陸デスティネーションキャンペーンの実施
4,100万円

●着地型旅行商品の割引キャンペーンの実施、プレミアム旅行券を発行[2月補正]
3億7,000万円

●「世界で最も美しい富山湾」の魅力創出・発信、湾岸サイクリング環境の充実など[2月補正含む]
5,305万円

●アジア、欧米等からの誘客促進、受入体制の整備[2月補正含む]
6,086万円

●定住・半定住の環境づくり(移住相談体制整備など)[2月補正含む]
6,050万円

●「30歳の同窓会inとやま(仮称)」(本県出身の30歳前後の若者のUターンを促進)
1,550万円


○陸海空の交通・物流ネットワークの基盤整備
●富山高山連絡道路、国道8号坂東立体の整備など[2月補正含む]
108億2,133万円

●新幹線駅や観光地等へのアクセス道路の整備など
71億5,400万円

●日本海側の総合的拠点港 伏木富山港の整備と利用促進(新湊大橋周辺や伏木外港の整備、環日本海 クルーズの推進、シベリア鉄道を活用した輸送実験など)[2月補正含む]
12億5,793万円
 
●富山きときと空港の利用促進(東京便乗継利用のPR、国際線の利用圏域拡大、企業サポーターズクラブ創設など)[2月補正含む]
2億35万円

北陸新幹線開業(3月14日)北陸新幹線開業(3月14日)

伏木富山港に寄港したボイジャー・オブ・ザ・シーズ(13万7千トン、乗客定員約3,800人)伏木富山港に寄港したボイジャー・オブ・ザ・シーズ(13万7千トン、乗客定員約3,800人)

富山きときと空港での台北便出迎え富山きときと空港での台北便出迎え

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134