富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2016年1月号 vol.468

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」2016年1月号 vol.468

魅力いっぱい 元気力とやま vol.4 暮らしにうるおいをプラスして、富山の主婦を応援 シュフーレ(富山市)

シュフーレのメンバー手前右が代表の浮田美紀子さん(整理収納アドバイザー)。左から小滝雅枝さん(ベビーマッサージ)、山口千春さん(アロマセラピスト)、飛世裕香さん(お庭カウンセラー)、山崎亮子さん(管理栄養士)、田中美弥さん(シニア野菜ソムリエ)、岩田緑さん(パン教室)、金丸晴美さん(ハーブ生産家)、徳光典子さん(フォトグラファー)。他に吉田千佳さん(食育インストラクター)、青砥ミナさん(フローリスト)を加えてメンバーは11名

 富山の主婦たちを “フレー!フレー!”と応援したい。そんな思いで「衣・食・住・子育て・美」など、メンバーそれぞれの得意分野を活かした様々な講座を提供しているのが主婦活グループ「シュフーレ」です。
 「スタートしたのは一昨年5月。それまでは一人で教室を開いていましたが、もっと幅広い提案がしたいという気持ちからいろんな方に声をかけました」と話すのは代表で整理収納アドバイザーの浮田美紀子さん。あっという間に11名のメンバーが集まりました。
 「3カ月に1回ミーティングをして、どんな講座を開くかを決めます。一人のアイディアに刺激を受け、みんなで内容を充実させていけるのは、コラボレーションならではの面白さですね」と浮田さん。活動に注目した企業と一緒に昨年10月に企画した「オトナの文化祭」では、アスリートや受験生のための食事メニュー講座や、暮らしを豊かに楽しむコツを教えるワークショップを開催するなど、学園祭のような雰囲気で印象深いイベントになったそうです。
 「メンバーの平均年齢は40歳くらいですが、受講される若い今のママさんはとても勉強熱心で、積極的に自分磨きをしている方が多いですね」と浮田さんたちは感じています。子供を連れて参加できる講座は、そうした人たちにとって、とても貴重な場になっているようです。
 仕事を持つ主婦にとって、学びたいと思った時に気軽に参加できる講座があるのはうれしいもの。多忙な暮らしの中でも、「たとえば自家製のハーブソルトを使うと料理が楽しくなったり、家族も喜んでくれる。そんなちょっとした工夫で、毎日にゆとりやうるおいが生まれるはず」そうしたヒントを、これからも提案していきたいとメンバーは考えています。
 シュフーレ ホームページ http://www.shufuu-le.com

ワークショップのようす小矢部のハーブガーデンで開催した、写真教室やブーケ作りを体験できるワークショップ

パンとカレーの教室のようす氷見のテイクアウト専門のカレー店と共同で開催した、パンとカレーの教室

実践的なレッスンのようす洗剤の基本知識からお掃除のヒントなど、実践を交えたレッスン

ハンギングバスケット作りのようす玄関先を華やかに飾るハンギングバスケット作り

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134