富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2016年4月号 vol.469

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」2016年4月号 vol.469

「安心」とやま

豊かな自然や生活環境を活かし、住み慣れた地域の中で、健康で快適に、安全で安心して暮らせる県づくりを進めます。

医療の充実、健康づくりの推進
●県立中央病院の機能強化(がん等の高度専門医療、災害時緊急医療の充実強化に向けた先端医療棟の整備など) 34億9,536万円
●高度救急医療体制の充実(ドクターヘリの運営、救急科専門医の育成確保) 2億3,100万円
●県リハビリテーション病院、こども支援センターの整備運営 14億4,939万円
●健康寿命日本一を目指す取組みの推進(富山県健康寿命日本一推進会議の設置、商店街や薬局と連携したウォーキング習慣の推進、宿泊型保健指導など)[2月補正含む] 5,735万円

福祉の充実
●地域包括ケアの推進(在宅医療、訪問看護の推進、認知症施策の推進、高齢者の社会参加促進など)[2月補正含む]  26億1,697万円
●障害者理解の促進、グループホーム等施設整備や工賃水準向上の取組み支援[2月補正含む]  2億3,067万円
●福祉介護人材確保のための就業定着支援など[2月補正含む]  4億1,273万円
●発達障害者への支援体制の充実 3,393万円

スポーツの振興
●東京オリンピック、パラリンピックを見据えた選手の育成、合宿の誘致など 2億2,614万円
●富山マラソン2016、世界少年野球大会の開催 1億572万円
●県営スポーツ施設の整備(総合運動公園補助競技場のトラック舗装更新など) 4億9,500万円
●県内3プロスポーツチームとの連携促進[2月補正含む]  1,350万円

豊かで快適な環境の保全、再生可能エネルギーの導入促進
●G7富山環境大臣会合、2016北東アジア自治体環境フォーラム(仮称)の開催 4,136万円
●立山の自然環境の保護(バスの排出ガス規制、ライチョウサポート隊の設置など) 2億2,388万円
●立山温泉地域において地熱資源の開発調査を実施 1億2,000万円

災害に強い県土づくり、防災・減災体制の強化
●橋梁の耐震化長寿命化、河川、砂防、海岸施設等の整備[2月補正含む]  331億8,842万円
●農地防災、治山、林道の整備[2月補正含む]  87億4,248万円
●原子力防災訓練、放射線監視体制の強化など 2億989万円
●火山対策の推進(火山噴石対策調査の実施など) 786万円
●地域防災力の向上(緊急消防援助隊中部ブロック合同訓練の実施、ドローンを活用した教育訓練など) 846万円

地域公共交通ネットワークの活性化、安全なまちづくり
●市町村の交通ネットワーク拡充を支援 1,040万円
●「あいの風とやま鉄道」新型車両導入を支援 1億6,700万円
●「あいの風とやま鉄道」新駅(高岡−西高岡)設置を支援 1億5,283万円
●富山駅並行在来線高架下開発に関する調査を実施 500万円
●高齢者交通安全対策の強化(訪問指導や交通安全教室の拡充、反射材の普及拡大など) 2,275万円

県リハビリテーション病院・こども支援センター県リハビリテーション病院・こども支援センター

富山マラソン2015富山マラソン2015

県総合防災訓練(ドクターヘリ)県総合防災訓練(ドクターヘリ)

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134