富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2017年6月号 NO.475

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2017年10月8日

「県広報とやま」2017年6月号 NO.475

森を守り、育て、受け継ぐ活動を。富山県フォレストリーダー協会

メンバー 富山県フォレストリーダー協会は、富山県が行う講座で森林に関する知識を学んだ方々が、平成15年に自主的に作った組織です。現在、年齢も職業もさまざまな120名のメンバーが、ボランティアとして里山の管理や森林環境教育に取り組み、森の大切さを広く県民に伝える活動をしています。

花壇 この日開催された砺波市の県民公園頼成の森「緑に親しむ集い」では、メンバーが参加者を森の散策に案内して解説をしたり、ボランティア活動としての花壇づくりの指導をしたりしました。
 また今年5月28日、魚津市を中心に開催された第68回全国植樹祭では、県内7箇所の植樹会場で植樹方法の指導役を務めるとともに、式典の「森づくりボランティア等のメッセージ発表」で普段の活動やその成果などを紹介しました。
 会長の岡山重憲さんは「森は緑のダムとなって私たちの暮らしを支え、地球温暖化も抑えてくれます。しかし、里山は人の手がなければ維持できないものです。守り、育て、受け継いでいくためには、皆さんに少しでも森に興味を持ってもらうことが大切ですね。」と話してくれました。

クイズラリークイズラリーなどを交えながらわかりやすく木や森の説明をするメンバー。

会長の岡山重憲さん

会長さん「森の寺子屋」として出前講座と森林教室を開いています。少しでも多くの方に参加してもらい、元気な森を守っていきたいですね。

とやま物語 Made in Toyama 「この土地でしかできないチーズを作る。」

ロゴ有限会社 吉田興産(黒部市)
チーズプロダクツマネージャー 吉田朋美さん
※「吉」の漢字は、正しくは上の部分が「士」ではなく「土」

吉田さん 吉田さんが作ったヤギチーズが、5月にイタリアで行われた国際コンテストで最優秀賞を獲得した。受賞は2度目。「チーズの主原料は黒部で育ったヤギの乳と富山湾の深層水塩のみ。これからも、黒部でしか作れない味を届けていきたいですね。」と語った。これからも最高のチーズ作りを目指していく。

チーズ 製品は同社のほか、昨年6月4日のオープンから1周年を迎えた「日本橋とやま館」においても販売中。

とやまにぎやかファミリー

ファミリー写真安田さんご一家(南砺市)

パパママコメント
「個性あふれる四兄妹です。みんな仲良しなので助かっています!」

とやまっ子お祝いパスポート 県では、第4子以上のお子さんが生まれた家庭をお祝いするため、保護者とお子さんが県立の文化・スポーツ施設等を無料で使えるパスポートの発行などを行っています。このコーナーでは、第4子以上のお子さんが生まれたご家庭をご紹介します。
(お問合せ)県子ども支援課 TEL 076-444-3208

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134

関連ファイル