富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2019年8月号 NO.487

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2019年8月4日

「県広報とやま」2019年8月号 NO.487

特集2 第9回シアター・オリンピックス −Creating Bridges 舞台芸術が世界に橋を架ける−

第9回シアター・オリンピックス 南砺市利賀村を拠点に活動する劇団SCOTの主宰・鈴木忠志氏と、世界で活躍する芸術家による舞台芸術の祭典「シアター・オリンピックス」。今回は日本・ロシアの共同開催で、日本の開催地である本県では30作品が上演されます。

世界最先端の舞台芸術の祭典

 「シアター・オリンピックス」は、鈴木忠志氏やテオドロス・テルゾプロス氏(ギリシャ)など世界各地で活躍する演出家・劇作家により1994年ギリシャのアテネで創設された国際的な舞台芸術の祭典です。
 1995年のギリシャを皮切りに、日本、ロシア、中国など、世界8カ国で開催されてきました。

「世界の果てからこんにちは」鈴木忠志 構成・演出「世界の果てからこんにちは」

祭典史上初の2つの国での共同開催

 第9回となる今回は、日本とロシアの共同開催で、2つの国での共同開催は祭典史上初となります。
 ロシア開催のメイン会場となるサンクトペテルブルク市は人口500万人を超える文化的大都市である一方、日本の利賀は人口約500人弱の山間の村です。
 日本開催の芸術監督を務める鈴木忠志氏は、「サンクトペテルブルクでは大都市の華麗な劇場が会場となりますが、利賀は合掌造りの小劇場や野外劇場。しかし、利賀に来ると山の自然と日本の伝統を感じる豊かな時間があり、環境そのものが作品となっています」と語ります。
 第9回シアター・オリンピックスのテーマは、「Creating Bridges」です。共同開催の実現により、舞台芸術の多様な可能性を示し、“自然と都市に橋を架け、つなぐ” “世界に虹を架ける”という思いも込められています。

記者会見東京都内のホテルでの記者会見

利賀芸術公園野外劇場利賀芸術公園野外劇場

世界各地の優れた30作品を上演

 8月23日から9月23日までの1カ月間、舞台芸術作品の上演のほか、次世代への教育プログラムなども実施されます。
 舞台芸術作品は、南砺市利賀村の利賀芸術公園、黒部市の前沢ガーデン野外ステージと宇奈月国際会館「セレネ」で30作品が上演され、鈴木忠志氏や、ロシア開催の芸術監督を務めるヴァレリー・フォーキン氏など、世界を代表する芸術家の多彩な公演がラインナップされています。
 また、鈴木忠志氏が観客の皆さんの質問に答えるトークや上演作品について様々な視点から迫るシンポジウム、演劇経験者を対象にしたワークショップなど、貴重なプログラムが行われます。
 この祭典が皆さんにとって、グローバル化、均一化が進む世界の中で、舞台芸術を通して、民族や地域の共通性と違いを同時に知る機会となれば幸いです。

ディオニュソス前沢ガーデン野外ステージ 完成記念公演
鈴木忠志 演出「ディオニュソス」

宇奈月国際会館「セレネ」宇奈月国際会館「セレネ」

「第9回 シアター・オリンピックス」チケット前売り中!

日時 8月23日(金)〜9月23日(月)
会場 南砺市利賀村:富山県利賀芸術公園
   黒部市:前沢ガーデン野外ステージ、宇奈月国際会館「セレネ」
交通 富山駅、黒部宇奈月温泉駅、新高岡駅等からバスあり(要予約)
※詳細は、公式ホームページをご覧ください。
チケット予約
シアター・オリンピックス チケットオフィス
TEL.0763-68-2216(受付時間 9:00〜18:00)
(FAX、E-mail、ウェブサイトからの受付は行っておりません。)
●公演内容に関する問合せ先
舞台芸術財団演劇人会議 TEL.0763-68-2356
公式サイト https://www.theatre-oly.org/

◎この件のお問合せは・・・
シアター・オリンピックス2019実行委員会
TEL.076-444-8650 FAX.076-444-8900
詳しくは「シアター・オリンピックス」で検索

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134

関連ファイル