富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜) > 「県広報とやま」2020年1月号 NO.489

広報紙「県広報とやま」(2013年1月号〜)

最終更新日:2020年1月12日

「県広報とやま」2020年1月号 NO.489

特集1 とやま・なんと国体2020 −20年ぶりの国体をみんなで盛り上げよう!−

 来月、「2000年とやま国体」以来、本県では20年ぶりとなる「とやま・なんと国体2020(第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会)」を開催します。県内外から約4,000人の選手・監督・役員等が参加する大会の見どころを紹介します。

全国の選手たちの熱い戦いを見に行こう!

ポスター 富山市、南砺市を会場に、4種目のスキー競技を実施します。スローガンは「白銀の 世界をかける 風になれ」。参加者が、白銀の大地を吹き抜ける風のように、自分の力を出し切ってほしい、富山での熱戦からさらに次の世界へ翔けていき活躍してほしい、という願いが込められています。
 国内のトップ選手たちが、日々の練習の成果を発揮して繰り広げられる1秒・1mの熱戦を、ぜひ会場で感じてください!

「おもてなし」で記憶に残る大会に

 選手や観客のみなさんを富山の郷土芸能や特産物でもてなし、全国からの参加者のみなさんに、「富山にまた来たい」と思っていただけるような「温かみ」のある大会を目指し、準備を進めています。
 期間中は、全国からたくさんの方が来県されます。「おもてなし」の心でお迎えし、全国に富山ファンを増やしましょう。

競技会場・競技日程

競技会場・競技日程

競技種目の紹介

●ジャイアントスラローム
山の斜面に旗を立てて、その間を滑り抜ける速さを競います。平均スピードは時速50〜70kmにもなり、強靭な体力とスピード感覚、平衡感覚、瞬時の判断力が要求されます。
●スペシャルジャンプ
空中を勇壮・豪快・華麗に滑空するため、スキー競技の華といわれており、飛んだ距離とフォームのそれぞれを得点に換算し、競います。
●クロスカントリー
持久力が要求される種目で、スキーとストックを使い滑走するタイムを競います。スキーテクニックや板に塗るワックスの選択なども大変重要になります。
●コンバインド
ジャンプ競技とクロスカントリー競技を合わせて勝敗を争う競技です。最初にジャンプが行われ、その得点をタイム差に換算し、クロスカントリーのスタート順が決まります。

ジャイアントスラロームジャイアントスラローム

スペシャルジャンプスペシャルジャンプ

クロスカントリークロスカントリー

詳しくは「とやま・なんと国体2020」で検索
TEL.076-444-4058
FAX.076-444-4418

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 広報係 電話:076-444-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

経営管理部 広報課 広報係
電話:076-444-3134

関連ファイル