富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話等[平成27年度] > 知事コメント(富山−上海便の臨時増便について)[平成27年4月24日(金)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話等[平成27年度]

2016年4月27日

知事室 目次

知事コメント(富山−上海便の臨時増便について)[平成27年4月24日(金)]

 本日(4月24日)、富山−上海便を運航する中国東方航空から、2015年夏季ダイヤ期間中の7月15日〜8月19日の間に6便増便(毎週水曜日に運航)することを国土交通省に申請したとの報告がありました。

 富山−上海便については、昨年7、8月の利用実績が好調であったことに加え、立山黒部アルペンルート、黒部峡谷、世界遺産の五箇山、小矢部市の三井アウトレットパーク開業など、富山の観光の魅力が幅広く認識されたこともあり、この時期の臨時増便を決定されたものと受け止めております。
 本路線が週3便で運航されるのは、平成20年10月以来約7年ぶりのことでありますが、就航10周年に当たる本年に臨時増便が実現することは大変喜ばしく、また、富山きときと空港活性化の観点からもありがたいと考えております。

 富山−上海便は、これまで約15万人の方々にご利用いただき、ビジネスや観光面などでの上海と富山県間の交流を支える本県にとって大変重要な航空路線であります。
 県としては、北陸新幹線開業により新たな時代を迎えた富山県の魅力をさらに上海にPRするとともに、上海の魅力についても県内はもとより、新たに富山きときと空港利用圏域となった長野・上越にも発信し、インバウンド・アウトバウンド両面からの利用促進に取り組むことにより、本路線の更なる発展及び富山きときと空港の航空ネットワークの拡充に努めてまいります。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム