富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話等[平成27年度] > 知事コメント(伏木富山港(新湊地区)の新規事業化、県道高岡環状線の新規採択について)[平成27年4月10日(金)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話等[平成27年度]

2016年4月27日

知事室 目次

知事コメント(伏木富山港(新湊地区)の新規事業化、県道高岡環状線の新規採択について)[平成27年4月10日(金)]

 昨日成立した平成27年度政府予算において、「伏木富山港(新湊地区)」の国際物流ターミナル北4号岸壁整備及び中央2号岸壁の老朽化対策の新規事業化、並びに県道高岡環状線の新規採択が盛り込まれたところです。
 伏木富山港については、日本海側の総合的拠点港として、経済発展の著しい対岸諸国の成長を我が国に取り込むことにより、本県経済はもとより、日本経済の発展に貢献するための重要な役割を担うものであり、このたびの事業化は、伏木富山港の機能強化に大いに資するものであります。
 また、県道高岡環状線は、高岡市の環状道路を形成するとともに、北陸新幹線の新高岡駅と能越自動車道の高岡インターチェンジとを結ぶアクセス道路であり、このたびの新規採択により渋滞の緩和や交通事故の減少のほか、能登や飛騨高山との広域交流の促進につながり、高岡市をはじめ県西部地域の発展に大きく寄与するものと考えています。
 県ではこれまで機会あるごとに、国土交通省をはじめ関係方面に強く要望してきたものであり、今回事業化が決定されたことは、まことに喜ばしく思っております。国会議員や県議会議員の皆さまをはじめ、ご尽力、ご協力いただいた方々にあらためて感謝申しあげます。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム