富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事談話等[平成26年度] > 知事コメント(富山県庁舎本館の国登録有形文化財への登録について)[平成27年3月13日(金)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事談話等[平成26年度]

2015年4月10日

知事室 目次

知事コメント(富山県庁舎本館の国登録有形文化財への登録について)[平成27年3月13日(金)]

 この度、国の文化審議会において、「富山県庁舎本館」が国の登録有形文化財として登録されるよう答申されたことは、歴史と文化の保存継承を通じて、元気とやまの創造を進めている本県にとって、大変意義深いものであり、嬉しく誇りに思っている。
 「富山県庁舎本館」は昭和10年8月に竣工し、平成27年度には竣工80周年を迎える。この間、戦災を乗り越え、戦後の復興を見届け、また現在も本県の政治・行政の中心施設として利用されており、県庁舎本館は、まさに富山県の歴史を物語る象徴とも言えるものである。
80周年の節目となる新年度には、戦後の昭和33年に皇后陛下とともにご来臨いただいた昭和天皇の歌碑を屋上に設置し、緑化・修景することを計画している。
 県庁舎本館は、富山県の歴史と文化を物語る貴重な文化財であり、今後とも、県庁舎として大切に使用するとともに、記念日など一定の時期には屋上を県民の皆さんに親しんでいただけるような工夫をしながら、将来に引き継いでまいりたい。

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム