富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事記者会見[平成26年度] > 臨時記者会見[平成26年12月22日(月)]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事記者会見[平成26年度]

2017年6月8日

臨時記者会見[平成26年12月22日(月)]

◆日時 平成26年12月22日(月)午後6時00分〜6時30分
◆場所 県庁3階特別室

1 知事からの説明事項

内容 配布資料 動画
(1)富山県ベトナム・タイ経済訪問団活動結果報告 リンク
(PDF11970KB)
リンク
(12分42秒)
(2)新幹線関連の乗継割引、関西・中京方面とのフリーきっぷ等について リンク
(PDF83KB)
リンク
(7分57秒)

2 質疑応答

内容 動画
(1)富山県ベトナム・タイ経済訪問団の成果について
(2)北陸新幹線臨時列車の運行について
リンク
(9分14秒)

※配布資料(PDFファイル)をご覧になるには、Adobe社の「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerがパソコンにインストールされていない方は、下記のAdobe社のダウンロードページよりダウンロード(無償)してご覧ください。

※動画ファイルをご覧になるには、Microsoft社の「Windows Media Player」が必要です。Windows Media Playerがパソコンにインストールされていない方は、下記のMicrosoft社のダウンロードページよりダウンロード(無償)してご覧ください。

Adobe Reader のダウンロード リンク
Windows Media Player のダウンロード リンク

記者会見録

1 知事からの説明事項

説明する知事●知事
 それでは今日は2点発表させていただきます。
 一つは、ベトナム・タイ経済訪問団。私自身は、政府との予算とか税制とかいろいろな問題がございましたので、タイにだけ訪問しました。それについて報告をしたいと思います。
お手元に、「富山県ベトナム・タイ経済訪問団概要報告」とあって、私が行ったところについて発表したいと思います。私が行けなかったベトナム等について詳しくお知りになりたい方は「参考」(「参考配付」と記載してある資料)の方を見ていただきたいと思います。
 今回、いろいろ収穫があったと思いますけれども、まずは、私自身は18日に出発をいたしまして、夕方にタイに着き、その日は平成広徳塾、富山タイ協会の皆さんとの交流(会)がありました。19日はタイの科学技術省(への訪問)、それから観光説明会、工業省への訪問、その間に、ものづくりセミナーとか夕方は現地進出県内企業等との交流会があったわけであります。参加メンバーは参考にご覧いただければと思います。
 全体を通じて、細かくは(資料を)見ていただければと思うのですけれども、成果としましては、まず第1点は、ページで言うと6ページから7ページにかけてでありますけれども、タイの工業省でチャカモン工業大臣にお目にかかりまして、ここで富山県と(タイ)工業省のパートナーシップに関する覚書を結びました。MOUというふうに言っております。3年前に初めてタイに行きまして、2年前にも再度行き、今回で3回目ということになりますけれども、工業省の大臣の立会いの下で、向こうの局長さんと私とで覚書を結ぶことができ、これで富山県とタイとの経済交流、産業面での連携・協力、こういったものの礎を築くことができたなと思っております。6ページから7ページはまたご覧いただきたいと思いますけれども、一つは覚書を結んだということと、また、これを受けて同じ日、同じ場所で、富山県の廣貫堂さんとタイの医薬品会社との間で、漢方薬を委託生産する内容の覚書の締結が行われました。日医工さんとタイのバイオラボ社との間で、昨年こうした業務提携が行われた例がありますけれども、今回富山県と(タイ)工業省とでこうしたパートナーシップに関する覚書を結んだということでは、それを受けた第1号でございます。今後も、必ずしも医薬品の世界に限らず、機械とか電気・電子部品とか、特に生産する技術は富山県が優れている。それを例えばタイで委託生産したり合弁で作ったりして、販売等は特にタイの国内はもちろんですけれども、ASEAN全体、東南アジア全体に売ろうとすると、タイの会社が中心になったほうがいろいろな許認可とかタイ政府等の便宜を図ってもらいやすいという面がありますので、こういう形ができたことは、今後富山県企業がタイをはじめ東南アジアに進出しやすくなるということだと思っておりま