富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 経営管理部 広報課 > 知事の県政レポート【平成24年度】 > 県政レポート第104号[平成24年5月31日]

知事室へようこそWelcome to the Governor's Office

知事の県政レポート【平成24年度】

2016年10月24日

知事室 目次

県政レポート第104号[平成24年5月31日]

 こんにちは、富山県知事の石井隆一です。
 前回レポートしました4月30日以降の主な仕事や出来事について紹介します。

宿利国土交通事務次官への要請(5月1日)国土交通省(東京)

 国土交通省の宿利事務次官を、連休中ではありますが、急遽、訪問し、4月29日早朝の関越自動車道でのバス事故について、被害者への適切な対応と安全対策の徹底を強く要請しました。低料金で急成長した高速ツアーバスの実態が高速乗り合いバスと同様であるにもかかわらず、旅行扱いのため事業者が道路運送法の対象外となっていることが問題だといえます。高速ツアーバスの乗客が増加する本年のお盆前には、安全面からの規制強化をするよう早期の対応を求めました。
 また、今回の事故では、富山県民の方が3名死亡(いずれも高岡市在住)、8名負傷されており、ご遺族にお悔やみ申しあげるとともに、負傷者の方々の一日も早い回復をお祈りいたします。

宿利次官に対して要請活動を行う知事

平成24年春の叙勲伝達式(5月2日)県庁大ホール

 平成24年度春の叙勲及び危険業務従事者叙勲の伝達式を県庁で行い、地方自治分野で犬島 肇氏(元県議会議員)や山本 修氏(元県議会議員)ら9名、消防分野で上田 勲氏(元福岡町消防団長)ら9名など、全体で31名の方々に、勲記並びに勲章を手渡しし、お祝いのご挨拶を申し述べました。

叙勲伝達式で受章者の皆さんに勲記、勲章を渡し、お祝いを述べる知事、県庁正面玄関で受章者の皆さんとの記念撮影

舞台「菊次郎とさき」鑑賞(5月5日)県民会館大ホール

 本県出身の室井 滋さんが出演されている舞台「菊次郎とさき」を鑑賞しました。戦前戦後を逞しく生きたビートたけしさん一家の様子を描いたもので、室井さんは、普段はおとなしいが、酒を飲むと豹変して大暴れし、金遣いも荒い職人菊次郎の妻で、三男一女の母親さきの役どころです。家族愛に満ちたユーモアあふれるストーリーに、時間を忘れ、楽しく鑑賞させていただきました。なお、楽屋で久しぶりに室井さんに妻とともにお会いすることができ、うれしく思いました。

ステージ上で出演者の皆さんが手を振る様子

中国(北京・広州)及び台湾での観光プロモーション(5月6日〜12日)

 中部9県などで構成する中部広域観光推進協議会のハイレベルミッション団の団長として北京市や広州市を訪問しました。雄大で美しい自然、多彩な歴史・文化などの観光資源や優れたものづくり技術を持つ本県をはじめ中部圏の魅力を大いにアピールするとともに、富山―北京・大連便の利用促進などを働きかけました。
 その後、富山県単独で、台北市のチャイナエアラインを訪問し、孫洪祥総経理との交渉の末、この4月から就航の富山―台北便を7月3日から3便に増便するとの回答をいただきました。
 訪問の詳しい結果等については、関連ファイルをご覧ください。

北陸新幹線新黒部駅(仮称)新築工事安全祈願(5月13日)黒部市

 県東部の玄関口となる北陸新幹線新黒部駅(仮称)の新築工事が県内3駅のトップを切って着工の運びとなり、その安全祈願に出席しました。駅のデザインは、豊富な水を湛える黒部の自然が映り込んだ駅をイメージしています。
 県としても、周辺市町からのアクセス道路の整備や既存鉄道との乗り継ぎの円滑化などについて引き続き支援を行ってまいります。

安全祈願で挨拶する知事、主催者や来賓の皆さんとの記念撮影

劇団SCOT「シンデレラ シンデレラ」鑑賞(5月13日)県民会館大ホール

 劇団SCOTの新作「シンデレラ シンデレラ」を鑑賞しました。これまで人間や社会の本質に鋭く迫る作品を発表してこられた鈴木忠志さんが初めて手がけた親子向けの作品です。閉塞感の漂う社会の中で、子どもや若い人のために「希望」を描く良質な作品を生み出していきたいと、鈴木さんが言われていることは、かなり以前から私がお願いしていたことにお応えいただいたようにも感じ、うれしく思います。
 鈴木忠志さんと劇団SCOTの本拠地である南砺市利賀村がアジアや世界の舞台芸術の重要拠点としてさらに飛躍していくようサポートしてまいります。

舞台の様子

ロンドン五輪マラソン代表の藤原新選手の表敬(5月15日)知事室

 ロンドン五輪のマラソン代表の藤原新選手が知事室を訪問されました。本県にゆかりのある方が今回も世界の舞台で活躍されることを大変うれしく思います。本県ゆかりの五輪出場予定選手は藤原選手を含め7名ですが、ロンドン五輪での大活躍を期待しています。

藤原選手らと懇談する知事、藤原選手と握手し、激励する知事

並行在来線に関するJR西日本への要請ほか(5月15日)JR西日本本社、兵庫県庁

 JR西日本の真鍋社長を訪問し、私から、新型車輌の富山駅以東への早期導入と無償又は少なくとも極力低額での譲渡、城端線・氷見線と並行在来線との利便性の確保などについて、強く要請しました。この結果、並行在来線の運営に必要な車輌数の2/3程度の新型車輌の低額譲渡や城端線の並行在来線への乗入れ継続による編成数の縮減等により、初期投資額を概ね50億円程度減額できる見通しとなるなど、相当の前進がありました。今後とも、並行在来線の経営安定のためJRと粘り強く折衝してまいります。
 この後、関西広域連合長の井戸兵庫県知事と面談し、国が2025年度の新幹線金沢−敦賀開業時に富山−大阪間での導入を提案しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)についてはあくまで暫定措置とし、フル規格で大阪までの早期全線整備を求めていく方針で意見が一致しました。
 また、関西広域連合内で検討が進められている敦賀−大阪間のルート選定について年度内に結論を出していただくよう要望し、井戸連合長から前向きに取り組むとの回答をいただきました。

真鍋社長に対して要請活動を行う知事、井戸連合長に要望する知事

石川県・富山県知事懇談会(5月16日)県広域消防防災センター

 4回目となる石川県知事との懇談会を県広域消防防災センターで行いました。
 懇談会では、北陸新幹線の整備促進や地方負担の軽減の取組みをはじめ、新幹線開業に向けた大型観光キャンペーンのJR6社と北陸三県による共同実施などについて意見交換を行い、合意しました。また、並行在来線については、県境を跨ぐ運行や乗継運賃の割引、国への支援要請などを図っていくことで合意しました。
 その後、谷本知事に広域消防防災センター内をご案内し、危機管理、防災の重要性、日頃の備えの大切さについて意見交換しました。センターの理念、施設や運営の状況については、同知事から大いにご評価いただきました。

懇談会で挨拶する知事、両知事が懇談している様子、広域消防防災センターの施設内を案内する知事

全国知事会議(5月18日)都道府県会館(東京)

 全国知事会議が開催され、地域主権改革の今後の展開などについて意見交換を行いました。私からは、地方税財政特別委員長として、社会保障と税の一体改革に関するこれまでの取組状況を説明した後、税制の抜本的な改革にあたっては税源の偏在性を是正する方策を検討する必要があることなどについて提言を行いました。

全国知事会議の様子、出席する知事

平成24年度富山県スポーツフェスタ、元気とやまウォークラリーin富山(5月20日)県総合体育センター、空港緑地公園

 県スポーツフェスタの総合開会式を行い、約2千人の皆さんに参加いただきました。その後は、空港スポーツ緑地で、「元気とやまウォークラリー」を実施し、参加された皆さんと一緒に爽やかな汗をかきました。
 今後とも、いつまでもスポーツに親しむことができる「生涯スポーツ社会の実現」に向けて積極的に取り組んでまいります。

総合開会式で挨拶し、選手の宣誓を受ける知事、ウォークラリーで参加者の皆さんと記念撮影する知事、スタート直前の様子

平成24年度富山県婦人会総会・大会(5月20日)呉羽ハイツ

 富山県婦人会(岩田繁子会長)の総会に出席しました。私から、「次代を担う子どもたちが健やかにたくましく育つよう、婦人会の皆さんのご協力をいただきながら、家庭や地域の絆を生かした子育て支援に積極的に取り組んでいきたい」とご挨拶を申し述べました。

総会で挨拶する知事

富山県柔道整復師会総会(5月20日)富山電気ビル

 今年90周年の節目を迎えられた富山県柔道整復師会(高崎光雄会長)の定時総会に出席しました。
 柔道整復術は、スポーツ医学の分野をはじめ、高齢者の機能訓練や介護予防など福祉の現場でも幅広く活用されており、県民の皆さんの健康の保持・増進のため一層のご尽力をいただくようお願いしました。

総会で祝辞を述べる知事

富山県北陸新幹線対策連絡協議会・北陸新幹線建設促進富山県民協議会合同決起大会(5月21日)ANAクラウンプラザホテル富山

 両協議会による合同総決起大会を開催し、県在住国会議員の皆さんをはじめ多数の方にお集まりいただきました。北陸新幹線については、平成26年度末までの金沢開業が確実となり、敦賀までの延伸も事実上決定しました。今後とも、長年の念願である北陸新幹線の一日も早い全線整備を目指し、関連する諸課題の解決に向けて全力で取り組んでまいります。

合同決起大会で挨拶する知事

平成24年度第1回富山県並行在来線対策協議会(5月21日)ANAクラウンプラザホテル富山

 引き続き、県並行在来線対策協議会を開催し、今年度の事業計画案や運賃水準のシミュレーション、利用促進に向けた組織体制などについてご協議いただきました。JR西日本との交渉で、新型車輌の譲渡による初期投資の減額など、経営安定に向けた取組みも進捗しています。引き続き、開業に向け具体的な準備を本格化させてまいります。

協議会で挨拶する知事

北陸地方整備局長との懇談(5月22日)知事応接室

 国土交通省の前川秀和北陸地方整備局長が県庁を訪問され、懇談しました。私からは、(1)能越自動車道や国道8号入善黒部バイパスなどの県内直轄事業の整備促進、(2)「総合的拠点港」の伏木富山港の機能向上、(3)地震や津波対策の充実、(4)東海北陸自動車道の早期全線4車線化など、本県の重点事項について要望を行いました。

懇談で前川局長の挨拶を受ける知事、挨拶する知事

富山県赤十字有功会30周年記念大会(5月22日)富山第一ホテル

 富山県赤十字有功会30周年記念大会が開催され、日本赤十字社富山県支部長として私も出席しました。紺綬褒章や厚生労働大臣感謝状の伝達などを行った後、私から祝辞を申し述べました。崇高な赤十字精神の輪がさらに大きく広がることを期待しています。

記念大会で褒章や感謝状の伝達を行い、祝辞を述べる知事

(社)富山県建設業協会法人化50周年記念式典・祝賀会(5月22日)ANAクラウンプラザホテル富山

 社団法人富山県建設業協会の法人化50周年記念式典が開催されました。私から、まず富岩運河環水公園休憩施設の寄贈などに対して感謝状をお渡ししました。
また、公共事業がかつての半分以下の規模となった今日、社会資本整備や除雪・防災対策を担う建設業が各地域に健全な形で存続することは県民生活にとっても重要であり、地域の企業の受注機会の確保に配慮した入札制度の見直しや新分野への進出に対する支援の拡充などに取り組んでいく旨、ご挨拶を申し述べました。

記念式典で感謝状を渡し、挨拶する知事

第13回とやま森の祭典、県民参加の森づくりフェア(5月23日)桜ヶ池公園(南砺市)

 国や県、南砺市など地元関係者、森林サポーター、花とみどりの少年団など約2千人の参加のもと、「とやま森の祭典」及び「県民参加の森づくりフェア」を南砺市の桜ヶ池公園で開催しました。私からご挨拶の後、森づくり活動などに貢献のあった皆さんへの県知事表彰、旧城端町の「木」であるコシノヒガンの記念植樹、高岡市太田小学校の児童による豊かな海づくり活動宣言などを行いました。

森の祭典で挨拶し、知事表彰を行う知事、植樹会場での子どもたちとの記念撮影、フェアで意見交換する知事、出席者の皆さんとの記念撮影

日医工オープンゴルフ関係者の表敬(5月23日)知事室

 3回目となる日医工オープンゴルフトーナメントが八尾カントリークラブで開催されることに先立ち、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長、日医工(株)の田村社長らが知事室を訪問されました。昨年同様、素晴らしい熱戦が繰り広げられ、大会が大成功を収められることを期待しています。

小林会長らと懇談する知事、小林会長、田村社長との記念撮影

第1回新幹線戦略とやま県民会議(5月24日)県民会館

 2年半後に迫っている北陸新幹線の開業効果を最大限に高めるため、経済界や観光・交通事業者、文化界、女性団体、行政関係者などで構成する「新幹線戦略とやま県民会議」を設置し、本日、初会合を開きました。席上、新幹線開業に備えて、昨年来、県民や企業の皆さんと県が検討し策定した「元気とやま協働戦略アクションプラン」と、県の平成24年度当初予算のうち新幹線関連予算についても、そのポイントを説明し、これらを踏まえて、さらに検討すべき課題や必要な対策、施策を議論していただくようお願いしました。また、この県民会議のメンバーは、県内の各分野を代表する方々が中心であり、ご提言やご意見をいただくのみでなく、各々のお立場で実行し、又はご支援、ご協力いただくことを期待しております。
 委員の皆さんからは、産業観光も重視すべきことや食の横丁など食の魅力をアピールすべきこと、2次交通の整備が大切であることなど、様々なご意見をいただきました。

会議で挨拶する知事、発言する新木副会長、委員の意見に応える知事

第29回「とやま賞」贈呈式(5月24日)富山国際会議場

 富山県人づくり財団(理事長:石井知事)による「とやま賞」贈呈式を行いました。今回の受賞者は、学術研究部門で長井良憲さん・鎌倉昌樹さん・堀野良和さん、文化・芸術部門で小林大祐さん、スポーツ部門で田知本愛さんの5人で、いずれも国内外で顕著な業績を挙げられた方々です。受賞をバネに一層の研鑚に努められ、富山県や日本の発展のために大いにご活躍いただきたいと願っています。

贈呈式で挨拶し、受賞者にとやま賞を贈呈する知事

富山空港国際路線利用促進協議会定例総会(5月25日)富山第一ホテル

 同協議会の定例総会が開催されました。新木富士雄会長のご挨拶に続き、私から「先月16日から新たに富山―台北便が就航した。これにより、富山空港の拠点性が一層高まり、中国はじめ発展著しい東アジア地域との経済交流や国際観光が促進され、本県の一層の活性化に寄与することを期待しています」とご挨拶を申し述べました。

総会で挨拶する知事

富山インド協会懇親会(5月25日)ANAクラウンプラザホテル富山

 堂道前駐インド大使をはじめ多くの方々が参加され、「富山インド協会」懇親会が開催され、私も出席しました。県内企業の国際競争力の強化のためには、経済発展著しい国々との経済交流を推進し、その成長エネルギーを取り組むことが大切であり、私から出席者の皆さんに対し、「本県とインドとの交流のけん引役として一層のご尽力をいただきたい」とご挨拶を申し述べました。

懇親会で挨拶する知事

タウンミーティング 〜「元気とやま」の実現に向けて(5月26日)県民会館

 先月の高岡市での開催に続き、富山市で、「新・元気とやま創造計画」をテーマに、タウンミーティングを開催しました。会場の皆さんからは、産業空洞化対策や小規模企業での雇用確保、女性が働き続けられる環境の整備、地域の母子保健推進員による子育て支援など、様々なご意見をいただきました。
 ※詳しい内容は、関連リンクをご覧ください。

タウンミーティングで挨拶し、パワーポイントを使って県の主要施策を説明する知事、会場の皆さんから質問を受け、応える知事

中西進著作集完成を予祝する会(5月26日)アルカディア市ヶ谷(東京)

 7月に開館する「高志の国文学館」の館長で国文学者の中西進先生の著作集全36巻が残り3巻(11月完結予定)となり、東京のホテルで、「中西進著作集完成を予祝する会」が開催されました。既に発刊された万葉論集などを含めると50巻にも及ぶもので、皆さんとともに中西先生を激励しました。

中西先生を激励する知事、開で挨拶する中西先生

北アルプス観光・交流サミット(5月28日)ホテル立山

 立山黒部アルペンルートの室堂において、「北アルプス観光・交流サミット」を開催しました。北陸新幹線の整備促進とこれを活用した経済交流、立山黒部アルペンルートの一層の魅力向上や情報発信の強化などについて、長野県の阿部知事と意見交換を行った後、「雪の大谷」などを視察しました。阿部知事からは、長野県民にとって山のみでなく海のある富山県は魅力的であり、今後は富山をはじめ北陸との連携に力を入れたい、とのお話をいただきました。
 これまで以上に両県が連携を密にし、お互いの高いポテンシャルを生かし、個性豊かで活力ある地域となるよう協力していきたいと考えています。

サミットで挨拶し、阿部知事と意見交換する知事、両知事が雪の大谷、室堂ターミナルを視察する様子

富山県防災会議(5月29日)ANAクラウンプラザホテル富山

 富山県防災会議を開催しました。津波シミュレーション結果をご報告した後、東日本大震災を踏まえた地震・津波対策の抜本的強化などを内容とする地域防災計画(地震・津波災害編)の修正案について審議し、ご了承いただきました。
 今後とも、広域消防防災センターを活用した防災教育の充実、市町村による津波ハザードマップ作成への支援など、災害に強い「日本一の安全・安心県」を目指し取り組んでまいります。

防災会議で挨拶する知事、会議の様子

東海北陸7県議会議長会議(5月29日)名鉄トヤマホテル

 東海北陸7県議会議長会議が本県で開催され、私も出席しました。
 私から、先般、東海北陸など9県の観光プロモーションの団長として中国を訪問したこと等をお話した後、各地域が連携し、相乗効果により各々の魅力をさらに高め、観光客の誘致や地域振興につなげていきたい旨のご挨拶を申し述べました。

会議で挨拶する知事

富山県と富山大学との連携に関する知事と学長の会談(5月30日)富山大学五福キャンパス

 富山大学の学長と知事が様々な課題に対して率直に意見交換を行う懇談会を昨年4月に設置しました。本日は、2回目の懇談会で、高校と大学との積極的な連携や教員養成のプログラムの研究開発、アセアン地域等からの留学生の受入れ拡大などについて、遠藤学長と意見交換を行いました。

会談で挨拶する知事

平成24年度第1回富山県ふるさと教育推進協議会(5月30日)県民会館

 今年度最初の「富山県ふるさと教育推進協議会(中尾哲雄会長)」を開催しました。これまで、とやまの人物ものがたりの発刊やふるさとの歌づくりなど、ふるさとへの誇りを育む教育などに取り組んできましたが、来年が置県130年であることから、県民がふるさと富山の魅力を再発見する契機とするため、記念事業の内容を協議する部会を設置することとしました。

協議会で挨拶する知事と中尾会長

日本海沿岸地帯振興連盟総会等(5月31日)ホテルニューオータニ(東京)

 午前8時から日本海沿岸地帯振興促進議員連盟(会長:河村建夫衆議院議員)の世話人会が開催されました。日本海沿岸地帯振興連盟世話人代表の私も出席し、日本海沿岸地域のさらなる発展に向けた支援をお願いしました。
 引き続き、日本海沿岸地帯振興連盟の総会(日本海側12府県の首長などが参加)を開催しました。私からは、東日本大震災後の日本の再生、新しい国づくりを進めていく上で、日本海側沿岸地域の果たす役割は一段と重要になっているとご挨拶し、日本海国土軸・環日本海交流圏形成に関する特別決議を採択しました。

世話人会、総会でそれぞれ挨拶する知事

前田国土交通大臣、枝野経済産業大臣への要請(5月31日)国土交通省、経済産業省(東京)

 国土交通省の前田大臣を訪問し、北陸新幹線金沢・敦賀間の着工認可を速やかに行うよう要請しました。前田大臣からは、認可まで「指呼の間」に来ているとのお話をいただき、大変心強く感じました。
 その後、経済産業省の枝野大臣を訪問し、総合的なエネルギー政策の確立や原子力安全対策の徹底、防災対策の強化、新経済成長戦略の実効性ある推進、富山県のような地方のものづくり企業のイノベーションの積極的な支援などについて強く要請しました。

前田大臣、枝野大臣にそれぞれ要望書を渡し、要請活動を行う知事

 なお、その他のものを含め、この間の仕事や出来事を一覧表にしてまとめましたので、ご覧ください。

<平成24年5月1日から5月31日までの概況一覧>
5月1日
(火)
中央省庁等回り(東京)
5月2日
(水)
平成24年春の叙勲伝達式
5月3日
(木)
公務なし
5月4日
(金)
公務なし
5月5日
(土)
舞台「菊次郎とさき」鑑賞
5月6日
(日)
海外出張
【中国(北京・広州)及び台湾での観光プロモーション】
5月7日
(月)
   〃
5月8日
(火)
   〃
5月9日
(水)
   〃
5月10日(木)    〃
5月11日(金)    〃
5月12日(土)    〃
5月13日(日) 北陸新幹線新黒部駅(仮称)新築工事安全祈願
劇団SCOT「シンデレラ シンデレラ」鑑賞
5月14日(月) 海外訪問結果にかかる帰国インタビュー
5月15日(火) ロンドン五輪マラソン代表の藤原新選手の表敬
並行在来線に関するJR西日本への要請(大阪)
北陸新幹線整備促進に関する関西広域連合長との面談(兵庫)
5月16日(水) 庁 議
石川県・富山県知事懇談会
5月17日(木) 庁内執務
5月18日(金) 全国知事会 政権公約評価特別委員会(東京)
全国知事会 理事会・正副会長会議( 〃 )
全国知事会 全国知事会議( 〃 )
5月19日(土) 公務なし
5月20日(日) 平成24年度富山県スポーツフェスタ総合開会式
元気とやまウォークラリーin富山
平成24年度富山県婦人会総会・大会
富山県柔道整復師会総会
5月21日(月) 富山県北陸新幹線対策連絡協議会・北陸新幹線建設促進富山県民協議会合同決起大会
平成24年度第1回富山県並行在来線対策協議会
北陸銀行「100社会」懇親会
5月22日(火) 北陸地方整備局長との懇談
富山県赤十字有効会30周年記念大会
(社)富山県建設業協会法人化50周年記念式典・祝賀会
5月23日(水) 第13回とやまの森の祭典(南砺市)
県民参加の森づくりフェア(南砺市)
知事定例記者会見
日医工オープンゴルフ関係者の表敬
富山県立大学研究協力会交流会
5月24日(木) 第1回新幹線戦略とやま県民会議
第29回「とやま賞」贈呈式
平成24年度富山県体育協会第1回評議員会
富山県体育協会加盟団体懇親会
5月25日(金) 富山空港国際路線利用促進協議会定例総会
富山インド協会懇親会
5月26日(土) タウンミーティングin富山(「元気とやま」の実現に向けて)
中西進著作集完成を予祝する会(東京)
5月27日(日) 公務なし
5月28日(月) 北アルプス観光・交流サミット
(社)富山県経営者協会定時総会懇親会
5月29日(火) 富山県防災会議
公益財団法人とやま国際センター理事会
東海北陸7県議会議長会議
5月30日(水) 富山県と富山大学との連携に関する会談
平成24年度第1回富山県ふるさと教育推進協議会
5月31日(木) 日本海沿岸地帯振興促進議員連盟 世話人会(東京)
日本海沿岸地帯振興連盟総会(東京)
日本海沿岸地帯振興促進議員連盟・日本海沿岸地帯振興連盟 合同勉強会(東京)
前田国土交通大臣、枝野経済産業大臣への要請など、中央省庁等回り(東京)

【 情報発信元 】
経営管理部 広報課 電話:076-444-8909  [ お問い合わせフォーム